リング 運命の日の甘デジは勝てる?釘や技術介入のポイントを解説

パチンコ
この記事は約6分で読めます。

前作、リング~呪いの7日間~は、甘デジの中でも最高峰の技術介入性を誇った名機でした。
右の調整しだいでST中に300~500程度の出玉を止め打ちで出せましたからね。

その後継機でもある「リング 運命の日の甘デジ」は、偉大なる先代と比べてどうでしょうか。
リング 運命の日の甘は勝てるのか、元プロが実践から感じた勝ち筋をご紹介します。

もう設置も少ないですし、正直なところ右の釘にも期待は出来ません。
しかし、もしかするとアナタの周りの店では打てる状況があるかも。

とりあえず読んでおいて損はないと思いますよ。

スポンサーリンク

リング 運命の日 甘デジの基本スペック

比較的長めのSTタイプの台です。

通常時:1/99.9
ST中:1/70.3

ヘソの戻しが3個、電チューが2個。
普通入賞口盤面左が5個、右が10個。

アタッカーは13個の8カウントです。

ヘソからの当たり割合は以下

ラウンド数 割合 実質出玉
16R+ST 1% 約1,536個
16R(実質10R)+ST 11% 約960個
4R+ST 78% 約384個
2R+ST(潜伏、初回電サポ無し) 10% ほぼ無し

ST突入率は100%ですが、ヘソでの場合は初回10%で潜伏確変になるので注意しましょう。

電チューからの当たり割合は以下

ラウンド数 割合 実質出玉
16R+ST 12% 約1,536個
4R+ST 78% 約384個
2R+ST 10% ほぼ無し

STでの連荘率は約70%と高めです。
平均連荘率は3.35回となっています。

ボーダーライン

リング運命の日の甘デジは、右打ち中の技術介入が非常に大切な機種です。

そのため、これが出来る腕があるか?
止め打ちや捻り打ちが出来る釘状態にあるか?

これによってボーダーラインが劇的に変わります。

初心者レベル

・保3止め・ステージ止めをしない
・電サポ中も打ちっ放し
上級レベル

・基本的にヘソのオーバー入賞は0
・電サポ中の玉増やしが出来る
・捻り打ちでオーバー入賞が可能

初心者レベルのボーダー

4.0円交換:19個
3.6円交換:20個
3.3円交換:21個
3.0円交換:22個
2.5円交換:23.5個

上級レベルのボーダー

4.0円交換:16.5個
3.6円交換:17.5個
3.3円交換:18.5個
3.0円交換:19.5個
2.5円交換:22.5個

あくまでも目安。

初心者側はST中に10%程度の出玉減り。
上級者側はST中に10%程度の出玉増え。

打つ時間は大体8時間前後を想定して計算しています。

「10%ってどんなぐらい?」

と思われる方も居ると思うので、ザックリと体感で言えば

「STが終わった時に上皿の玉が目に見えて減っている」

これだと10%前後で出玉が減少している。
少なくとも良くない状況であるのは間違いありません。

逆にSTが終わった時、50発程度は下皿に玉が増えている。
そんな状況なら上級者側のボーダーを参考にして良いでしょう。

あくまでもボーダー。
技術介入込みで、プラマイ0になるであろう回転数です。

天井や設定はあるの?

リング運命の日の甘デジは、旧基準機なので天井や設定はありません。

ハマる時はどこまででもハマるので、ある程度の覚悟は必要です。

設定が無いので、当然ですが設定示唆演出などもありません。

スポンサーリンク

技術介入部分

リング運命の日 甘デジにおいて、この技術介入部分は絶対です。
これが出来なければ、この台はただの普通のST機に成り下がってしまいます。

とは言え、手順は非常に簡単です。
右打ち時の止め打ちをしっかりと行えば問題ありません。

電チュー開放に合わせて2個打ち
これだけ徹底して行ってください。

当然、2個打ちをしてスルーが枯れるような台は打ってはいけません。
5~6発に1発は最低でもスルーを抜ける台を打ってください。

良く分からない場合は打ち出す前に右に20発ぐらい玉を打って、どの程度スルーを抜けるかチェックしてから打ち出しましょう。

電チューの開放パターンは一定なので、慣れてくれば見ないでも出来るようになります。

釘の状態やST中の演出の発生頻度によって大きく変わってきますが、平均してSTを84回転消化した時点で250個前後の玉増やしが出来れば問題ないでしょう。

1回転あたり2.9個の玉増え。
これだけ増やせれば、等価ボーダーは14程度でも勝負になります。

アタッカーは釘が閉められていなければ普通に打ってもオーバー入賞するほど優秀。
捻り打ちも比較的しやすいので、アタッカーの性能と併せて効果は高いです。

戻しが13個と多めなので、練習して出来るようになりましょう。

また、右側に10個戻し(多分)のポケットがあるので、ここの釘もチェックしましょう。
ここの良し悪しで、最終的にST中の止め打ちで得られる玉が結構変わってきます。

スポンサーリンク

釘のポイント

何度も書いていますが、このリング運命の日の甘デジは、通常の回転率よりも

・ST中の出玉増減
・大当たり時のオーバー入賞

この2つのポイントの方が何倍も重要です。

千円あたり等価で20個回っても、右がガチガチで10%以上減るようじゃ話になりません。

逆に、等価の千円15個でも、右が無調整以上なら余裕でプラスに。

特に等価や3.6円の様な高換金率であるほど、出玉の増減が収支や勝率に与える影響は甚大になります。

なので、右の釘をしっかりとチェック。
特別難しいゲージではないので、釘の見方の基本を使えばOKです。

パチンコの釘の見方を基本から解説 初心者や負けている人は必見!
パチンコの釘の見方とポイントを、元パチプロで収支+4,500万越えの管理人が基本から解説! 年々本数が減り、叩かれる頻度や幅も小さくなっていますが、やはりパチンコの勝ち負けの大部分は釘が占めます。読まないと損をする必見の内容です。

スルーと電チュー周りからチェックしましょう。
ここがダメなら、少々回転率が良くても打たない方が無難です。

スポンサーリンク

まとめ

元々のボーダーも甘めで、電チューの戻しが2個になったことでパワーダウンしたものの、技術介入効果が高く、手順も難しくない。

リング運命の日の甘デジは、とってもオススメの勝てる甘デジです。

と、言いたいところですが、実際は難しいのが現状。

技術介入の効果が高いことはホール側も周知のことですから、必要以上に右側の釘を閉めているホールが多いです。

2020年11月現在。
Pワールドでの全国設置は約2,000店舗ですが、これは1パチなども含めた数。

4円で現役バリバリにこの機種が稼働しているとは考えにくい。

ですが、旧基準の中でも009に次ぐ技術介入の有用性と基の甘さは見逃せません。

アナタの通う範囲内でまだ設置があるなら、この「リング運命の日の甘デジ」はチェックしておいて損のない1台です。

エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
パチンコ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました