リング 運命の日の甘デジは勝てる要素があるのか?

パチンコ
この記事は約4分で読めます。

前作、リング~呪いの7日間~は、甘デジの中でも最高峰の技術介入性を誇った名機でした。
右の調整しだいでST中に300~500程度の出玉を止め打ちで出せましたからね。

その後継機でもある「リング 運命の日の甘デジ」は、偉大なる先代と比べてどうでしょうか。
リング 運命の日の甘は勝てるのか、元プロが実践から感じた勝ち筋をご紹介します。

スポンサーリンク

リング 運命の日 甘デジの基本スペック

比較的長めのSTタイプの台です。

通常時:1/99.9
ST中:1/70.3

ST突入率は100%ですが、ヘソでの場合は10%で潜伏確変になるので注意しましょう。

STでの連荘率は約70%と高めです。
平均連荘率は3.35回となっています。

ヘソの戻しが3個、電チューの戻しが2個、アタッカーは13個です。

カウントは8カウントなので、1ラウンドあたり96個前後の出玉。

メインの当たりは4ラウンドなので約380個。
電チューからは12%で16ラウンド、1536個取れます。

等価ボーダーラインは18個前後と甘めです。
これに後述する技術介入が加われば、等価であれば14個ぐらいでも勝負になります。

しかし、等価の場合は右をブッ殺す場合がほとんどなので、現実的ではないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

技術介入部分

リング運命の日 甘デジにおいて、この技術介入部分は絶対です。
これが出来なければ、この台はただの普通のST機に成り下がってしまいます。

とは言え、手順は非常に簡単です。
右打ち時の止め打ちをしっかりと行えば問題ありません。

電チュー開放に合わせて2個打ち
これだけ徹底して行ってください。

当然、2個打ちをしてスルーが枯れるような台は打ってはいけません。
5~6発に1発は最低でもスルーを抜ける台を打ってください。

釘の見方は下のリンクで紹介していますが、良く分からない場合は打ち出す前に右に20発ぐらい玉を打って、どの程度スルーを抜けるかチェックしてから打ち出しましょう。

パチンコの釘の見方を基本から解説 初心者や負けている人は必見!
パチンコの釘の見方とポイントを、元パチプロで収支+4,500万越えの管理人が基本から解説! 年々本数が減り、叩かれる頻度や幅も小さくなっていますが、やはりパチンコの勝ち負けの大部分は釘が占めます。読まないと損をする必見の内容です。

電チューの開放パターンは一定なので、慣れてくれば見ないでも出来るようになります。

釘の状態やST中の演出の発生頻度によって大きく変わってきますが、平均してSTで250個前後の玉増やしが出来れば問題ないでしょう。

アタッカーは釘が閉められていなければ普通に打ってもオーバー入賞するほど優秀。
捻り打ちも比較的しやすいので、アタッカーの性能と併せて効果は高いです。

戻しが13個と多めなので、練習して出来るようになりましょう。

また、右側に10個戻し(多分)のポケットがあるので、ここの釘もチェックしましょう。
ここの良し悪しで、最終的にST中の止め打ちで得られる玉が結構変わってきます。

スポンサーリンク

演出面

演出はそこまで長くないです。
と言っても最近の台が異常に長いのでそう感じるだけでもありますが。

基本的には金系の予告待ち。
手が落ちるかどうかやデンジャー柄が絡むかどうか?などが注目ポイントですね。

ST中はハズレの際でも長めの演出が発生しますが、なんの演出もなく終わる場合もあります。
演出が長いことは止め打ちで玉が増やせる台においては嬉しいことなので、プラス要素です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総評

ボーダーも甘めで、電チューの戻しが2個になったことでパワーダウンしたものの、技術介入効果が高く、手順も難しくない。

とってもオススメの勝てる甘デジです。
と、言いたいところですが、実際は難しいところも多いのが現状です。

技術介入の効果が高いことはホール側も周知のことですから、必要以上に右側の釘を閉めているホールが多いです。

そうは言っても、探せば良いだけ。
なんですが、設置店が全国で1000店舗を割り込むほどに減っているんです。

2015年発売の台ですから、ちょうど3年で認定が切れるので、それを機に外してしまうホールも多いでしょう。

勝てる甘デジ、台としてのポテンシャルは優秀なのですが、いかんせん時代の波には勝てないと言ったところでしょうか。

逆に今でも大事に「リング 運命の日の甘デジ」を大事に使っているホールは狙い目です。
近くに設置がある場合は、右の釘を中心にチェックしてみましょう。

パチンコ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました