パチンコ・パチスロで勝つために絶対に必要なモノ4選

コラム
この記事は約7分で読めます。

正直、今のパチンコ・パチスロで勝つのは難しい。
年々どころか、日に日に難しくなっているのが実情でしょう。

が、それでも勝ちたい!
と思っている人もいるでしょうし、勝ちを目指している人もいるでしょう。

そんなアナタに、パチンコ・パチスロで勝つために絶対に必要なモノを紹介。

なんやかんやで5,000万ぐらいは勝っている人間の話。
少しは役に立つと思いますし、アナタの勝ちに繋がる要素もあるはずです。

パチ・スロで勝つために必要なモノ

サクッと結論を書くと、パチンコ・パチスロで勝つために必要なモノは

  • 心の準備
  • お金
  • 技術
  • データ(情報)

の4つ。
この中でも、今の時代に最も大事なのは「データ」です。

それぞれ、解説していきます。

心の準備

いわゆる「マインドセット」ってやつ。
簡単に言えば、勝つことを優先順位の1位にしましょうって話です。

詳しくは

パチンコで勝ち続ける人と負け続ける人の違いはなんだろう?

など、他の記事でもちょろちょろ触れてる内容なので、色々と読んでみてください。
どこになにを書いたか忘れた。

お金

どんなに正しい勝つための行動や心をもってしても、運の要素はどうしようもありません。

必ずやってくる不運、不ヅキ。
その時期を乗り越えるだけの軍資金がなければ、トータルで勝ちに転じることは難しい。

常に1万しか財布にない。
そんな状況で勝てるはずもありません。

また、お金(軍資金)に余裕があると、それが心の余裕になり冷静な判断と行動に直結しますから、重要な要素です。

あ、パチンコ・パチスロに限らず。
あらゆる勝負事において、軍資金は必ず余裕資金から捻出してください。

絶対に命金(生活に必要な金)や借金して行わない。
これは絶対に守って欲しいし、それでは勝てるようにはなりません。

…まぁ、その方が燃えるってのも分からんじゃないですけど。

技術

正直、今の時代にパチンコ・パチスロで勝つために一番重要度が低いのがこの技術。
すでに小手先の技術で勝てる時代は終わりました。

スロにおいては、最低限の目押し。
いわゆるビタ押しの成功率が80%ぐらいあると楽。

出率が100%を超える機種がいくつかあるので、潰しが効くからですね。

パチンコは正直、捻りも止め打ちも必須ではありません。
一昔前みたいに、技術介入だけで日当2~3万が取れる機種なんてないですから。

なんなら技術介入すると怒られますしね。
リスクリターンが全く合っていない。

今のところは釘読みが出来るに越したことはありませんが、この辺も昔に比べるとなんとも。

そもそも、まともに釘を叩ける人間が減っていますし、警察からのプレッシャーも強くなっている。

最悪、スマートパチンコなんかになれば、いよいよ釘読みも必要なくなりますからね。

スマートパチンコに関してはココをクリック。

データ(情報)

今のパチンコ・パチスロで勝つために一番必要なのは「データ(情報)」です。

情報はSNSなどで流れてくるもの。
自分自身で分析して精査したものじゃない、あくまでも他人の思惑の中にあるものです。

要は、参考になるけど鵜吞みにする価値はないもの。
メディアに載っている、サブ基盤管理部分の情報と同じですね。

さて、一方のデータ。
これは誰かの作為や思惑ではなく、単純に機械的に吸い上げられた数値のこと。

誰の意思も介在しないからこそ、的確に分析すれば隠れた意図や思惑が透けてきます。
勝つための立ち回りをするなら、こうしたデータは必要不可欠。

私が現役の頃は、数店舗を実際に徘徊して必要なデータを集めていました。
まだ釘の動きがあった時代なので、実際に見に行く価値があったからです。

ですが、私が昔のようにプロをするなら、実際に見に行くよりも効率的なデータサイトを利用しますね。

各店舗で独自にデータ公開しているホールはそれを利用。
全国的に登録件数も多く、データの信憑性も高いのは『サイトセブン』ですね。

全国約2,000店舗のデータを掲載しているデータ量もさることながら。
これをおすすめする一番の理由は運営会社の強さです。

サイトセブンの運営は『ダイコク電機』。
パチ業界に居る(居た)人間なら誰しもが知っている、ホールコン含めたデータ関係の超大手。

ちなみに東証一部上場企業。
まぁ、だから全幅の信頼をおくって話じゃないけれど。

ともあれ、実際に業界に居た間も、ダイコク電機のデータにケチを付ける人は私の周りには居ませんでしたね。

そのデータ量によって、メーカー側が色々と変更することもあるぐらいですから。

勝つためのデータを効率的に集めたいなら、登録しておかないと損。

 

勝ちたいなら、とりあえず登録!

 

月額が550円(税込み)必要ですが、正直これ以上の価値は十分にあります。
これは勝つための先行投資であり、必要経費。

この程度の金額も払えない人に、トータル的な勝ちが続くことはないでしょう。

気に入らなけりゃ退会すれば良い。
それなら取られるのは550円だけです。

データサイトの上手い使い方

まぁ、それがベストかは知りませんが、私ならデータサイトをこう使う。
っていう1つの方法論を書いていきます。

当然、データサイトを利用して分析をしたから100%勝てる。
なんてな話はありません。

そもそも、分析の方向や仮説、推論が間違っていればダメですからね。

店のクセなんてのも、

  • 店長が変わる
  • 売り上げ目標が変わる
  • 店長などの気分

こんな簡単なことで平気で変わります。
ですが、それでもデータを収集して分析することで、勝ちに近づくのは確かです。

パチスロのデータを分析

データサイトのデータを利用するのが一番適しているのが、ノーマルタイプの分析。
一応書いておくと、ノーマルタイプは「ボーナスのみで出玉を増やす」パチスロ。

ジャグラーやハナハナ、アクロスシリーズなんかが代表例。
ちなみにガメラやディスクアップはノーマルタイプではありません。

ノーマルタイプは、単純にボーナス確率から設定の推測が可能。
小役確率に関しても、データから計算すると概算で出すことができます。

まずは、ジャグラーかハナハナ。
このどちらかのデータ分析から始めるのが良いでしょう。

データサイトで得たデータをExcelなんかで管理。
3ヵ月ぐらい蓄積していくと、その店の傾向がぼんやりと見えてきます。

これだけの期間を毎日ホールに通い、全部のデータを集めるのは一苦労。
やってたけどね、現役の時は。

ノーマルタイプの傾向が、そのままATやART機に流用できるかは店によって変わりますが、多少は使える部分もありますので無駄にはなりません。

ノーマルタイプはとにかくデータをどれだけ集めるかで、設定推測の精度が変わる代表例。
データサイトの利用と相性が良いのは事実です。

パチンコのデータ分析

悲しいかな、パチンコだとそこまでデータ分析は必要ありません。
つまり、データサイトの必要性も微妙。

ですが、使えないって話でもありません。
各機種の総回転数、引いては稼働率を見れば、その店の力を入れている機種が分かります。

日常的に行っている店に関しては、アナタの目で釘を見れば済む話なんですが、普段行かない店に対しては有用な使い方です。

イマイチだから行かなかった店。
そこのデータを見てみると、最近はなぜか稼働が上がっている。

そんな状況が見て取れれば、実際に店を覗きに行くのもアリ。
状況が良くなり稼働が上がっている可能性を考えられるからですね。

パチンコしかしない人でも、効率的に店選びをするためにデータサイトを利用するべき。

まとめ

情報戦になっている昨今のパチンコ・パチスロで勝つためには、データサイトの利用が必須!

データサイトを利用して店に当たりを付ける。
そして実際に足を運ぶという流れが、今一番効率的な店探しの方法と言えるでしょう。

遊びでやるにしても、情報を入れているかどうかで遊べる時間、期間が変わる。
最近は遊ぶために、昔なら食えたレベルの努力が必要ですからね。

まぁ、とりあえず使ってみて、必要なければ登録解除しましょ。
下のリンクから、公式サイトでサクッと登録できます!

タイトルとURLをコピーしました