6号機もコイツが主役?6号機ジャグラーの勝ち方を考える

ジャグラー初心者 パチスロ
この記事は約5分で読めます。

低迷の続く6号機。
リゼロや北斗天昇など、いくつか少しの流れはありましたが、それも既に終わりを迎えています。

個人的には「高設定を掴むと勝ちやすい」という、本来のパチスロの勝ち方で簡単に勝てるので6号機は嫌いではないのですが、一般受けはしていないのが実情ですね。

検定適合も未だに目標数に到達していない、どころか目標よりかなり低い数で推移していますから、6号機の新台自体がなかなか世に出ない状況が続いています。

そんな中で「アイムジャグラー」が正式に発表されました。

6号機になり、ボーナスタイプのジャグラーはどうなるのか?
6号機ジャグラーで勝つことは出来るのか?

今回は正式発表された6号機ジャグラー第一弾、「アイムジャグラー」に関して色々と考えていこうと思います。

スポンサーリンク

6号機ジャグラーはどんな台?

詳しくは書きませんが、6号機の規制では今までのジャグラーのボーナス確率で、ボーナスの払い出し枚数を維持することは出来ません。

6号機ジャグラーは純ボーナスタイプではなく、疑似ボーナスタイプになるのでは?
という意見もありましたが、6号機ジャグラーは今まで通り純ボーナスタイプでリリースされました。

具体的に5号機のアイムジャグラーと6号機のアイムジャグラーの違いを見ていきましょう。

ボーナス枚数

5号機のアイムジャグラーは
BIG:325枚
REG:104枚

6号機のアイムジャグラーは
BIG:252枚
REG:96枚

ボーナス確率

5号機のアイムジャグラーは
設定1~6:176.2~134.3

6号機のアイムジャグラーは
設定1~6:168.5~127.5

通常時のコイン持ち

5号機のアイムジャグラーは千円あたり平均33ゲーム。
6号機のアイムジャグラーは千円あたり平均40ゲーム。

出玉率

5号機のアイムジャグラーは
設定1~6で、出玉率が95.9~105.5%

6号機のアイムジャグラーは
設定1~6で、出玉率が97.0~105.5%

スポンサーリンク

5号機ジャグと6号機ジャグの比較感想

さて、上記が5号機アイムジャグラーと6号機アイムジャグラーの違いです。
特に目を引くのはボーナス枚数ですかね。

6号機の規制上、今までのアイムジャグラーのボーナス枚数を維持しようと思うと、恐らく当たり確率が合成で分母50程度は悪くなるのではないでしょうか。

だいぶ当たりにくい印象の台になるでしょうね。

アイムジャグラーに限らず、ジャグラーは老人がメインターゲット層、老人でなくともライトユーザーがメインなので、枚数が減ったという事実はかなりの悪印象として捉えられても仕方ありません。

この点から考えると、初期の稼働に関しては少々不安が残ります。

ただ、実際は出玉率が上がっており、特に設定1での出玉率が約1.5%底上げされています。
これも6号機の規制上、通常時のベースを上げたことが要因です。

たった1.5%?
ですが、もし設定1を7000ゲーム回したとして、ものすごい単純計算で240枚程度は負け額が少なくなる計算になります。

設定6の出玉率は5号機のアイムジャグラーとほぼ差が無いので、単純に負ける額だけが5号機に比べて少なくなったと言えるでしょう。

通常時のベースが上がっていることも、一層負けを緩やかにしてくれます。

当然、枚数が少ないことで、いわゆるジャグ連でBIGを連打した時に出玉スピードは迫力不足になります。

全体的に、勝つも負けるも5号機アイムジャグラーと比較するとマイルドな出玉推移になると予想しますが、北電子なのでまた独特の波を作っている可能性も否定できません。

こればっかりは実際にホールで稼働したデータを見ないと何とも言えないところです。

総じて安定感が増したということで、5号機アイムジャグラーに比べて6号機アイムジャグラーの方が個人的には勝ちやすいと感じます。

スポンサーリンク

6号機アイムジャグラーは勝てるのか?

正直、相当に6号機アイムジャグラーにはお世話になると思います。
5号機のジャグラーも後1~2年で認定が切れすはずですから、どうあれホールから外すしかありません。

相当数の台数があるのがジャグラーですから、この部分を他の6号機で賄うことは現状不可能。

ホールとしてはジャグラーのメイン層である老人やライトユーザーに対して、「新しいジャグラーは枚数は少ないけど遊びやすいよ」ということを、5号機ジャグラーが無くなるまでに訴求し、イメージを植え付けないといけません。

そのため、5号機ジャグラーよりも6号機ジャグラーの方が、一層厚く設定が入る可能性が極めて高いと言えます。

こうしたホールの思惑により、環境はかなり整うでしょう。

そして設定差として気にする部分も5号機ジャグラーと6号機ジャグラーは同じ。
REG確率には設定差があるので、これを軸にしましょう。

ブドウ確率に関しても設定差はあると思われますが、もともとのベースが上がっているため、どの程度の差があるか、そもそも設定差があるのかはまだ分かりません。

スポンサーリンク

まとめ

現状の情報から6号機ジャグラー第一弾である「アイムジャグラー」に関して書いてきました。

これがコケることは許されない状況なので、まともなホールであればかなり大事に使われる可能性が大である6号機ジャグラー。

6の出玉率105%は決して高くはないですが、今のご時世そんなに贅沢も言ってられませんからね。

勝ちたい人も、遊びたい人も、それなりに満足させてくれる6号機アイムジャグラー。
ホール導入から積極的に立ち回りに組み込んで行っても大丈夫でしょう。

パチスロ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました