副業のおすすめ5選。まずは月に5万の副収入を目指そう

コラム
この記事は約11分で読めます。

コロナのお陰で今まで気付いていなかった、気付いていたけど見て見ぬふりをして来た問題が色々と浮き彫りになりましたね。

その中の1つに

「収入源を一極集中させることの危険性」

別の言い方をするなら、

「会社や組織に対する依存の危険性」

というものがあります。

今回はお金を稼ぐために色々と気になることに手を出している私が、現時点とこれからを見据えて

「今から取り組むべき副業の中から、おすすめをご紹介する」

そういった記事内容です。

これを読めば、これから先の人生において必ずプラスに働くと思いますよ。

副業がなんで必要なのか?
その答えを既に持っている人は、目次から「副業のおすすめ」の所まで飛んでください。

スポンサーリンク

なぜ副業が大切なのか?

副業、というかいくつもの収入源を持つことの重要性は簡単に想像が出来るはずです。

大きなポイントは以下の3つ。

リスク分散

今回のコロナの問題の様に、社会的に影響がある事案が生まれた場合に、一つの収入源しか持っていない場合は生活が立ち行かなくなります。

そうした問題がなくとも、勤めている会社が倒産したり、アナタ自身がクビになる可能性は否定できない。

そもそも、日本の雇用形態の特徴でもあった終身雇用は崩壊しました。

取り合えず会社の為に尽くしていれば、能力が無くてもある程度は出世して、給料が上がっていく時代は終わったのです。

終身雇用の崩壊は、あのトヨタが終身雇用を止めることを正式にアナウンスしたことからも明白。

とりあえず就職して、会社に勤めていれば万事OK。
そんな考えでは、近いうちにアナタは収入源を失うことに。

さらに、これからはAIやロボットとの仕事の取り合いも起こります。

彼らは相当に優秀な上に、長時間労働も可能で文句も言いません。
となれば、雇用主がどちらを選ぶか。

AIやロボット以上の能力を備えていなければ、いつ何時アナタのクビが宣告されるか分かりません。

現状でもそうですが、これらの動きはさらに加速度的に進みます。
そうなった時、アナタはそこで仕事をし続ける自信がありますか?

収入源を今のその仕事だけに頼っていた場合、明日には収入0になる可能性も十分にある。

この事実を踏まえれば、副業をして複数の収入源を持つことの必然性は簡単に理解出来るはずです。

公務員も例外ではない

詳しく書くとこれだけで1本記事が書けるので、ある程度簡単に書きます。

終身雇用と同様、公務員であれば安泰。
というのも今までの常識でした。

しかし、ご存知の通り、現時点のAIの能力で、今すぐにでも事務系公務員の仕事のほぼ全てを代替することが可能です。

そんなことすれば反発がとんでもないので、すぐにそうなる。
なんてことはないでしょう。

ですが、その気になれば今すぐにクビに出来る。
大幅な人件費の削減が可能。

この事実を知っておかないと、その時は突然訪れるかも知れませんよ。

貧富の差が拡大する

これからも今の資本主義が続くとした場合。
貧富の差はもっと大きく広がって行きます。

理由は簡単で、収入を得られるチャンネルが増えたからです。

ネットの出現と進化、それが現実に及ぼす影響力が甚大になってきたからとも言えます。

ネット上では、それが無かった時代には考えられないほどに様々なことがお金に変わる。

YouTuberなんかは筆頭です。

・ネットショップの運営
・ココナラなどのスキル販売
・クラウドソーシング
・ブログなどメディア運営

他にも例を挙げれば枚挙にいとまがありません。

そしてこれらの最大の特徴が、参入ハードルの異常なまでの低さです。

それが軌道に乗り、ある程度ちゃんとした収入になるかどうかは別問題ですが、始めるだけなら非常に簡単。

時間もお金も掛かりません。
一番費用の掛かるブログ運営でも、年間で1万円程度。

そんなに低い参入ハードルにも関わらず、上手くやれば、というか正当な努力をすれば月に数万円ぐらいは誰でも稼げます。

知っている人は、新たに生まれ広がり続けているネットの世界で、新たな収入源を確保出来る。

知らない、知っていても挑戦しない人はどんどん貧しくなっていく。

この事実から目を背けて良いことは何もありませんよね。

まぁ、こうした事実を抜きにしても、単純に月で数万円ほど収入が増えれば生活は結構変わってきます。

スキルの向上と多様化は必須

重複しますが、これからはAIやロボットと仕事の取り合いになります。
彼らより優れた能力が無ければ仕事を得ることは難しい。

さらに、終身雇用の崩壊と共に、残酷なまでに能力主義が浮き彫りになります。

クラウドソーシングが当たり前になれば、世界中の優秀な人材にピンポイントで仕事を依頼可能。

しかも、海外の人材であれば日本人よりも安くて優秀な人材を確保できる可能性も出てきます。

そうした事態がこれから確実に訪れるわけです。

その中で、与えられた仕事をただこなすだけ。
新たなスキルを身に付けたり、人間性を豊かにしたり、知識の幅を広げようとしない人間。

そんな人間に、一体誰が仕事を依頼するのでしょうか?

副業や多様な趣味を持つことは、これからのそうした競争を勝ち抜くためには必須なのです。

スポンサーリンク

そもそも副業禁止なんですが

未だに副業を禁止している会社も少なくありません。

私も仕事柄、中小企業の社長や上役と関わることが多いのですが、特に田舎だとこれが顕著に多い。

理由として挙げられるもので多いのは

・仕事に支障が出る
・労働時間を把握出来ない

というもの。

ただ、これは建前であることも多く、よくよく話をすると単純にその人の考え方が古いだけ。

そして、その古い考え方が絶対正義であると勘違いして思いこんでいるため。

こうした人に対して、私も最初の内は細かく説明していました。

「副業をしてもらった方がメリットは大きい」

とね。
理由は先述した通り。

でも、最近では止めています。
それが時間のムダであることを経験から嫌というほど学んだからです。

外部のコンサルの言うことでも聞かないのですから、従業員が何を言っても聞く耳を持たない場合の方が多い。

三つ子の魂百まで。

ムダなことに時間と労力を割くことは止めたわけです。

で、もしアナタの勤めている会社が副業を禁止している場合。

私としてはそんな会社はとっとと辞めてしまえば良いと思います。

そんな企業体質や経営方針では、これから近いうちにその会社は潰れる可能性が高いからです。

これからの競争に勝てる人材を育てようとしない会社に、優秀な人材は生まれないし集まりませんからね。

副業OKの会社に転職する。
もしくは勤めながらフリーになるための準備をしっかりと進める。

どうあれ、未来の暗い会社に居続けるメリットはありませんよ。

スポンサーリンク

副業のおすすめ5選

前置きはここまで。
ここからは副業の中でおすすめ出来るものを紹介していきます。

あくまでも私の意見ですが、アナタがこれから副業を選ぶ際のヒントぐらいにはなると思いますよ。

それぞれをここで詳しく解説していくと記事が長くなりすぎるので、気になる副業はそれぞれの個別記事を参考にしてください。

外部サイトへのリンクが多いですが、これは私の姉妹サイトなので、安心してリンク先に飛んでOKです。

YouTuber

これから5G回線が充実していく中で、動画コンテンツの需要は更に高まっていきます。

すでにYouTuberはレッドオーシャンでオワコン。
という意見もありますが、これは間違い。

参入者が増えていると同時に、市場も広がっているからです。

確かに、黎明期に比べれば競争は激化していますので、誰でも簡単に人気者。
とはならないでしょう。

しかし、副業として始めるにはハードルが非常に低い上に、挑戦することでお金だけでなく得るものも多いです。

と言っていながら、現状で私はYouTubeをしていません。
これが伸び悩みの原因の1つなのか?

まぁ、私の場合はブログの方が性に合っているのが一番の理由です。
文章を書くのが嫌いではないのでね。

ともあれ、文章を書くのは苦手、嫌い。
そんな人にはYouTuberはとてもおすすめです。

クラウドソーシング

クラウドワークスやランサーズ。
ココナラなどのサービスを利用して、アナタの得意なことをお金に換える。

これがクラウドソーシングです。(厳密にはちょいと違うけども)

最初はこうしたサービスを利用した方が安全ですし、仕事も受注しやすいですが、一定の実績と知名度を得ることが出来れば、こうした仲介サービスを飛ばして仕事をすることも可能。

そうなればかなり高い利益率の仕事をすることも可能になります。

仕事や趣味で得た知識や技術に対して、誰かがお金を払ってくれる。

今後は会社組織に依存しない収入源を持つことも大事なので、こうしたサービスの利用を皮切りにしてフリーランスへの準備を始めるのも良い一手です。

現状のアナタの技術や知識はお金に換えることが出来るのか?
そうれを試すための試金石として、こうしたサービスを利用してみるのは非常に有用と言えます。

ブログ運営

YouTuberなどの動画コンテンツが席巻している中で、今更テキスト媒体かよ。
ブログなんてもうオワコンだ。

というのは良く聞く意見。
確かに全盛期を過ぎた感はあります。

ですが、ネット広告市場が拡大している以上、付け入る隙は十分です。
活字の方が良いと言う人も常に一定数いますしね。

嫌でなければ、YouTubeなどの動画コンテンツと併用していくのがおすすめ。

まずはブログで記事を書き、それを台本としてYouTube動画を作る。
この手法だと一石二鳥ですよ。

【失敗しない】ブログの始め方を徹底解説!スグにブログを始められます
「ブログを始めたいけど、やり方がイマイチ分からない」そんなアナタに失敗しないブログの始め方をご紹介。 これを読めば、後悔することなく、スグにブログを始めるために必要なものや手段がキッチリと理解出来るはずです。

資産運用

資産運用というと、金持ちになってからの話と思う人も多いですが、それは間違い。

月々数百円や数千円での積み立ても、十分に資産運用です。

私がおすすめするのはFX。

「FXってギャンブルでしょ?」

と思っているかも知れませんが、これも大きな間違い。

確かにギャンブルしようと思えば出来ます。
パチンコ・スロットなんか比べ物にならないほどのね。

ですが私のいうFXは、FX口座を使っての外貨預金というやり方。

株も良いですが、手数料などの面から考えるとFXの方が良いですね。

始め方や、そもそもFXって何?
といった基礎の基礎から、しっかりと解説していきます。

実際にFXをするかどうかは別にしても、大人の社会人として最低限必要な知識ですから、とりあえず読んで損はありません。

fxとは?簡単に、出来るだけ分かりやすく現役トレーダーが解説
「fxって具体的になんなの?」という疑問に、出来るだけ簡単に現役トレーダーがお答えします。 fxがなにかを簡単に知りたい人には打って付けの内容になっていますので、ぜひ一度読んでみてください。

パチンコ・スロット

一応、これも副業として書いておきます。
このサイトを見ている人なら、これで勝てて小遣いを稼げるのが理想かも知れませんし。

ですが、個人的には全くおすすめしません。

現状で勝つための土台が出来ているなら別ですが、今から新たに勝つための土台を構築するのはコスパが悪すぎ。

このブログ内に掛かれていることを理解し、忠実に実行すれば今でも月に5万円程度の勝ちを得ることは仕事をしながらでも可能です。

しかし、そこに掛かる労力を先におすすめした副業に掛ければ、もっと多くの物を得ることが出来ます。

スポンサーリンク

副業は常に広がりを意識する

一応、副業おすすめ5選ですが、実際にはパチンコ・スロットを除いた4選。

他にも副業は色々とありますし、紹介しきれないほどです。
ですが、おすすめとなるとここで紹介したものになります。

どんな副業をするにしろ、意識するべきは広がりがあること。
これは副業に限らずなんですが。

動画コンテンツやブログは、積み上げの資産になるので、後になればなるほど楽になっていきます。

クラウドソーシングはアナタ自身のスキルにお客が付くので、その後のマネタイズやビジネスの可能性が広がる。

1つの仕事(作業)をして、1もしくはそれ以下の成果しか得られない。
これは従来型の働き方です。

この記事でおすすめした副業であれば1が10にも100にも化けます。

また、初期費用を抑えることも非常に大切。
これも本来、あらゆるビジネスで考えるべきことなんですが。

紹介した副業のおすすめの中で、一番お金が必要なのはFXとパチンコ・スロット。

他の副業に関しては、初期費用0。
もしくはそれに近い金額で始めることが可能です。

副業は色々と試して、アナタ自身に合うものを探すのも大切。
そんな時に、毎度初期費用が多く必要では身動きが取れませんからね。

スポンサーリンク

まとめ

副業の中でおすすめなものを5つ、厳選して紹介しました。

ここで紹介していないものでも

・広がりがある
・初期費用が安い

この2点を抑えていれば副業としてチャレンジしてみる価値はあります。

・複数の収入源を持つ
・会社や組織に依存しない
・アナタ自身を商品にする

この考えを持たなければ、今30~40代で働いている人、それ以下の年齢の人は食いっぱぐれる可能性大です。

まだ、これを周囲の人に話しても理解してもらえない場合も多いでしょう。
ですが、そうした先の見えない、意識の低い側の人に合わせては共倒れ。

すでに気付いている人は動いています。

貧乏になりたくなければ。
ちゃんと生活の糧を得たいのならば、今すぐに行動に移るべきです。

「どうせ自分じゃ無理だから」

挑戦するのに資金が大して掛からないことにすら挑戦しない。
そんな人は何をやっても上手く行きませんし、一生奴隷側ですよ。

ここで紹介したおすすめの副業の詳しい解説は、姉妹サイト

Eiji blog

にて行っていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

コラム
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました