勝ちやすいギャンブルはどれ?負ける勝負はバカがすること

コラム
この記事は約8分で読めます。

「ギャンブルって色々とあるけど、勝ちやすいのはどれだろうか?」

と、こんな疑問を持っているアナタに、筆者の私見ではありますが勝ちやすいギャンブルをご紹介していきます。

あくまでも「勝ちやすい」であって、絶対に勝てるとか、攻略法があるとか、そういった詐欺的な話ではありません。

単純に事実とデータを基にして、理論的に勝ちやすいかどうか?
という話です。

スポンサーリンク

公営ギャンブルとパチンコ・パチスロ

前提として、パチンコ・パチスロはギャンブルではなく「遊技」です。
とかのメンドクサイ話はここでは割愛。

で、公営ギャンブルは以下の様なものがあります。

競馬 農林水産省
競輪・オートレース 経済産業省
競艇(ボート) 国土交通省
toto(サッカーくじ) 文部科学省

てなものが公営ギャンブルとされてます。

後は、宝くじ。
これは総務省の管轄だそうで。

親方日の丸でやってるので、まぁ公営ギャンブルですわ。

ほんで、一応こうした管轄的なことを言っておくと、パチンコ・パチスロは警察庁が風営法によって管轄(管理)しております。

なんで警察がパチンコ・パチスロを管轄しているのか?
その経緯に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

パチンコの換金。偉そうに批判するならこの程度のことは知っているよね?
パチンコ業界の換金に関する基礎知識を網羅的に解説。なぜ換金が可能なのか?どんな経緯で今の換金システム、三店方式が誕生したのかなどなど。パチンコ・スロットをする人なら、知っておくとちょいと自慢できるかも知れない情報満載です。

それぞれの管轄を見れば、

「なんでそこがそれを管轄しとんねん!」

とツッコミを入れたくなりますが、早い話が利権の取り合いを制しただけ。
理由は屁理屈の塊です。

ギャンブルはアカンよ!
と子供に言いながら、文科省がtotoを管轄してるとか笑い話にもなりません。

公営ギャンブルとパチンコ・パチスロの違い

それぞれの歴史を含めて、詳しく書きだしたら膨大な量になるので、乱暴に要約すると。

公営ギャンブル=やりたい放題
パチンコ・パチスロ=締め付けられ放題

という感じになります。

パチンコの出玉規制、パチスロの4号機から5号機、6号機への移り変わりと、それに伴う出玉規制なんかが良い例。

これらの大義名分は

「射幸心を著しく煽るから」

なんですが、それじゃ公営ギャンブルはどうなんだって話。

基本的に掛けることの出来るお金は青天井。
それに伴って返しも莫大。

特に宝くじ系は顕著ですよね。
数億~十数億の金をちらつかせて射幸心を煽っています。

芸能人をCMに使ったりして健全をアピールしてますが、公営ギャンブルの方がよっぽど下衆で、あくどい商売をしていることは皆さんご存知でしょう。

親方日の丸、それに連なる省庁役人や政治家などの懐を潤すために行われているのが公営ギャンブルです。

スポンサーリンク

勝ちやすいギャンブルとはなにか?

さて、ここからが本題。
勝ちやすいギャンブルと、そうでないものの違いはなんでしょう?

答えは「還元率」です。

パチンコ・パチスロユーザーには「出玉率」と言った方が分かりやすいでしょうかね。

単純に、いくら使った時にいくら返って来るかの設定値。
これがギャンブルの還元率です。

100円使って100円返ってくれば還元率は100%。

で、件の公営ギャンブルの場合。

競馬 70~75%
競輪・オートレース 50%
競艇(ボート) 50%
toto(サッカーくじ) 50%

ぐらいが、一応公表されている還元率です。

ただ、まぁ、ね。
嘘を言おうと思えばいくらでも嘘が言えますから。

政府が発表している、公式に発表した書類が噓八百だった。
なんてのは良くある話ですからね。

金が直で絡んで、誰もその真偽を確かめられない。
そんな状況で正直に公に開示するか?

と言われて、アナタがどう思うかは自由です。

で、私は素直な国民なのでこの数値を信じるわけですが、それにしても還元率が異常に低い。

競馬以外はパチンコ・パチスロで例えるなら

1玉4円で借りて、返しは1玉2円
1枚20円で借りて、返しは1枚10円

という、交換率です。
こんなん、勝てると思いますか?

千円で平均35とか回る台、ないし絶対に設定6が確約されている。
そんな状況でも勝てるか微妙。

還元率が初めからこの様に設定されているわけですから、公営ギャンブルが勝ちやすいギャンブルであるはずがない。

むしろ必ずトータルで負けるギャンブルになっています。

競馬はギリギリです。

現にパチプロやスロプロ、競馬の予想プロで飯を食っている人は居ます。
が、他の公営ギャンブルで飯を食っている人を私は知りません。

ちなみに、パチンコの場合。
釘の調整で出玉率を0にも出来ますが、現実的にはあり得ません。

大体、ボッタ喰っている店でも、還元率70%ぐらいはあるはず。
普通の店なら90%ぐらい。

パチスロはもっと簡単。
設定ごとの出玉率に長期的には収束するので、設定1だけを打ち続けても還元率は95%ぐらい。

元々の還元率が高いから、少しの工夫と技術介入で還元率を100%以上に引き上げることが出来る。

だからパチプロやスロプロは存在しているわけです。

つまり、ギャンブルの中でパチンコ・パチスロを選んでいる時点で、アナタは勝ちやすいギャンブルを既に選んでいることになります。

それでも勝てていないなら、単純に間違った考えに侵されていたり、自制心が足りなかったりしているだけです。

スポンサーリンク

もっとも還元率の高いギャンブル

正確にはギャンブルではありません。
が、資産の増減に関して、確約された結果が存在しないという意味では「投資」もギャンブルです。

元本保証型の金融商品はギャンブルではありません。
厳密に言えば、どんな元本保証型の金融商品も100%ではないですけど。

分かりやすい所で行くと

・株(日本株・外国株)
・FX
・先物取引

などが誰でも知ってるものでしょう。
知らないのは大人として正直恥ずかしいですよ。

で、先物はちょっと毛色が違うので除外して。
株とFXは還元率という言い方をすれば、限りなく100%です。

証券会社とかが抜く手数料とかが引かれますが、これらを考えても98%ぐらい。

ビタ押し成功率50%、基本的な技術介入全て込みのディスクアップ。
そう思ってもらえば分かりやすい(?)でしょう。

還元率ってのは、要するに「胴元がどれだけてら銭(あがり)を抜くか」ということ。

公営ギャンブルは先述の通り。
胴元がてら銭をブッこ抜いているので、初めから勝負になりません。

株やFXは、胴元が存在しない。
つまり、基本的には誰もてら銭を抜かないってことです。

この事実を鑑みれば、なにをするのが一番勝ちやすいかは明白。

あ、ここで言う勝ちやすいは、そのシステム上の話であって、それで勝負する時に努力や勉強が必要ないって話ではありません。

株やFXである程度の結果を出したいなら、最低限の勉強と日々の努力は絶対に必要です。

ただ、パチンコ・パチスロで勝とうとするよりは、株やFXを頑張った方が将来性もありますし、金額も多くなっていきます。

スポンサーリンク

ギャンブルが出来ない人は一生上には行けない

ギャンブルってのは、始めた時点で勝敗が決まっていない勝負。
選択と決断が勝敗に影響を及ぼし、未来が確定していないことは、すなわちギャンブルです。

つまり、生きること全てがギャンブルとも言えます。

「わたしギャンブルする人ってキライ~」
「ギャンブルする奴なんてロクなもんじゃないよ」

なんて知った風なことをほざいている人は、今すぐに生きることをやめてください。

まぁ、日本の洗脳教育はギャンブル、いうなれば必要なリスクなら躊躇せずに冒す。
という勝ち上がるために当たり前の行動を悪としていますからね。

イチローさんがYouTube動画で「結婚はギャンブル」なんて言ってましたが、結婚に限った話じゃありませんよね?

生きること、そこに自分の意思が介在するならば、全ては突き詰めると2択です。

赤か黒。
裏か表。

全てのことがこのギャンブルであり、その選択を間違わないため。
というより、選んだ方を正解であったとするために、私たちは努力をするわけで。

多くの洗脳された可哀相な羊さんたちは、一生この当たり前に気づかずに、誰かに利用されて良い様に使われる一生を過ごすわけです。

遺伝子的に、こうしたリスクを冒せるか否かが影響している。
という論文もありましたが、それが全てではありませんからね。

気付いて変えれば、行動に移すことは可能です。

ギャンブルが出来ない人が、他人よりも良い生活や地位を手に入れることは不可能。

パチンコ・パチスロが良いか?
と言われれば「?」ですが、少なくともギャンブルが出来ない人よりはマシ。

リスクを冒すことが出来るという第一関門を突破しているわけですから、後はその選択が良いものになる様に正しい思考を巡らせ、努力するだけです。

つまり、アナタはすでに他の人より優れている可能性が高い。
ということ。

ただし、中毒になってる場合は別ですよ。
負け続けている、負けることが当たり前では、もはやギャンブルとは呼べませんからね。

スポンサーリンク

まとめ

勝とうと思うなら、公営ギャンブルは絶対に止めておきましょう。
システム的に誰もトータルで勝てない様になっていますから。

勝ちやすい、努力次第で結果を残せるのは

・パチンコ、パチスロ
・株・FX

これらです。

オンラインカジノは絶対に止めましょう。
勝てないし、そもそも法に触れる可能性があります。

バイナリーオプションも同様。
法には触れませんが、手数料とかが高過ぎて勝てません。

まぁ、知らんですよ。
ここで止めておけ!と書いたギャンブルで恒常的に勝っている人も居るかも知れません。

ただ、私が実際に結果を残せているのが先述4つである。
ってだけの話ですからね。

パチンコ・パチスロにも魅力はありますが、先を考えると暗くなります。
なので、これにばかり傾倒せず、他のことにも手を出してみるべき。

FXに関しては姉妹サイトで基本から解説していますので、やるやらないは別にしても、大人の常識として読んでおいて損はありませんよ。

fxとは?簡単に、出来るだけ分かりやすく現役トレーダーが解説
「fxって具体的になんなの?」という疑問に、出来るだけ簡単に現役トレーダーがお答えします。 fxがなにかを簡単に知りたい人には打って付けの内容になっていますので、ぜひ一度読んでみてください。
タイトルとURLをコピーしました