パチンコ・スロットで暇な時、私の時間の使い方

コラム
この記事は約6分で読めます。
「パチンコの演出が全て楽しい」
「スロットで特に目押しが要らない時でも毎ゲーム楽しい」

なんてな人には、この記事の内容は必要ありません。

ですが、今の時代、こうした人も多くはないでしょう。

昔に比べ技術介入の頻度は下がり、当たらないと分かっている演出を時間稼ぎの為に延々と見せられることには辟易しているのでは?

当たっている最中、玉やメダルが出ている時は高揚感もありますし、技術介入が必要な状況なら暇ではないと思います。

でもその時間はかなり少ないのが現実。

回転率が足りているパチンコなら、当たっていない時はオーバー入賞に気を付けて保3止めするだけ。

高設定の6号機なら基本的に目押しの要らない機種も多いので演出が起こらない時は一切目押しをする必要もない。

ジャグラーだって、左にバーをロータリーで打つだけだから、ペカるまではただの作業。

あらゆる面で、パチンコ・スロットは暇な時間が多すぎます。
時間消費でなく、時間浪費型アミューズメントですから、当然なのですが。

人生の時間は現状では有限。
出来れば同時並列で色々なことを行いたいものです。

マルチタスクで頭が悪くなる。
といった研究なんかもありますが、今回はそれは置いておきます。

スポンサーリンク

パチンコ・スロットの暇な時間を有意義に使う

少々前置きが長くなりました。

そもそも、そんなことに気を遣うぐらいならパチンコ・スロットをしなければ良いじゃないか。

との意見もあるでしょうし、これはごもっとも。

ですが、家でゴロゴロしていてもお金にはなりません。
ただ、家で読書や映画鑑賞をするのも同様です。

パチンコ・スロットなら、ちゃんとした台を回していればトータル的に同じ時間を消費してお金を得ることが出来ます。

ならば、これらを同時進行で行い、お金を稼ぎながら他にも得るものを作ろう。

どうせパチンコ・スロットをやるなら、この考え方の方が良いとは思いませんか?

私の暇の潰し方

私は基本的にパチンコ・スロットの暇な時間で読書をしています。

昔は文庫本を持ってホールで読んでいました。
えぇ、とても変な目で見られていましたよ。

ですが、今は便利な時代。
スマホでいくらでも電子書籍が読めますからね。

読んでいるものは

・ビジネス書
・Google Scholar(論文とか)
・漫画

なんてなところが主です。
漫画を読んでる人は結構多いんじゃないでしょうか?

ビジネス書とかはAmazonプライムでkindleを使って読んでいます。
結構な数を無料で読めますし、コスパは良いです。

Google Scholarは無料です。

漫画は色々と使って、今はバランス的にeBookJapanを使っています。

コスパや品揃えを考えてのチョイスですが、こうしたサービスは人によって合う合わない、欲しているものが千差万別。

なので、まずはアナタ自身でどんなもんかを確認してもらうのが一番だと思います。
eBookJapanの公式サイトへGO!

 

動画も観てます

私は耳栓替わりも兼ねて、現在「Air Pods Pro」を使用しています。
iPhoneユーザーなのでね。

巷での評判も良いですが、Air Pods ProはiPhoneユーザーで、ある程度音楽を聴く人なら買っておいて損はありません。

個人的にはかなりお気に入りです。

で、これを使い始めてからは動画(映画)も観る頻度が増えました。

パチンコで319なんか打ってると、平気で2~3時間ぐらいな~んにも起こらないですからね。

映画を1本、普通にそっちにだけ集中して観ることも可能です。

映画やドラマもAmazonプライム会員なので、月額500円で観切れないほどの量があります。

正確には月額500円じゃなくて、年間会費を払っているのでもう少し安いんですけど。

後は色々な動画配信サービスで、観たいものがある時にそのサービスを利用して、観たいのが無くなれば他に移るって感じにしています。

軸はAmazonプライムってことです。

寝てることも多い

寝てるっていっても目を閉じて本格的にではありませんよ。
あくまでも、な~んにも考えずに、脳だけを休ませている状況です。

特にジャグラーなんかそうですね。

左バー狙いのロータリーは、慣れてくるとリールをそこまで気にしなくてもリズムで止められる様になってきますから。

スポンサーリンク

そこまでするならパチンコ・スロット止めろよ

先でもチョロッと書きましたが、この意見はド正論。

ですが、私の場合プロでやってた時は、日銭と貯金(今後の事業のための資金集め)稼ぎが主な理由で打っていました。

要は「お金の為に単純な作業仕事」をやっていたわけです。

なので、その暇な時間に先に書いたように色々な本を読むことで将来に備えて準備をしていた。
という側面もあります。

こうしたちょっと特殊な人でなくとも、特に現状のパチンコではムダな演出が多く、暇な時間が異常に多いのが現実です。

ちょっと赤とか金が出ただけで騒げるような人は別でしょうけど。

繰り返しですが、これらの行為で暇を潰すのはパチンコ・スロットが上手い人。
もしくは最低限の仕組みを知っている人です。

その上で、パチンコ・スロットを打たなければならない状況にある。

であるならば、せっかくの時間を少しでも有意義に使いましょう。
という提案をしているわけですね。

スポンサーリンク

下手くそはマネしてはならぬ

パチンコのST中、止め打ちも出来ないクセにスマホ片手に消化している若者をたまに見かけます。

こうなると、「なんのためにパチンコやってんの?」という意見に反論の余地は無し。

私は北斗無双とかの慣れた台なら、最初の打ち出しのタイミングを合わせれば他のことをしていても止め打ち出来ます。

でも、その若者たちはガンガン上皿の玉が減っているわけで。

そりゃ、私なんかよりも本業での稼ぎが多くて、とりあえず玉を飛ばしている感触が楽しいから打っている。

なんてな酔狂な人なら文句を言うのはお門違いです。

でも、多分そんな人は少ないはず。

打ち子の子なんかで多く見ますが、これは管理してるリーダーの監督不行き届き。
まだまだ、経験が足りないんでしょう。

電サポ中じゃなくても、ガンガンオーバー入賞させてしまう様な人も一緒。

ジャグラーだって同じ。
他所事やったら左に7図柄がバシバシ止まってる。

なんなら、そもそもバーの目押しすらしてないのに、スマホ片手に打ってる。

こうした「下手くそなのに横着している」人も結構見かけます。
特にスマホ使いに慣れている若者に多いです。

「パチンコ・スロットごときで偉そうに言ってんじゃねーよ」

なんてことを言ってくる人も居るでしょうが、「ごとき」のことですら満足に出来ない人は、なにをやっても3流以下であると思って間違いないでしょう。

やろうと思えば稼ぐ打ち方、勝てる打ち方が出来る人が、もうパチンコ・スロットは完全な遊びと割り切って適当にやっている。

満足な技術も知識も無いくせに横着している。

端から見た時のやっていることの結果は一緒でも、その内情は天地の差があります。

満足に勝てない、知識もない、遊びと割り切っているわけでもない。
そんな人は、暇を潰す方法よりも、技術や知識の向上を先に行いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

なにをしてもアナタの自由。
ですが、せっかくなら同じ時間で1つでも多くのことを得た方がお得です。

動画(映画)にしろ本を読むにしろ、Amazonプライムはコスパかなり優秀なので、まだ入っていない人は入会することを強くおすすめします。

どれだけお得に利用できるかは、以下のリンクから公式ページに飛んで確認してください。

世界最大の企業が行うサブスクですから、間違いはありません。
どのサービスでも無料体験期間があるので、安心して利用できますよ。

Amazonプライム 公式サイトへGO!

タイトルとURLをコピーしました