パチンコ スロット どっちが勝てる?元プロの実体験からの意見

コラム
この記事は約6分で読めます。
エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい

「パチンコとスロットってどっちが勝てるの?」

こんな疑問を持っている人も少しは居るかも知れません。
この問いに対する私の答えは

・好きな方をやれば良い
・どっちもやることやれば勝てる
・むしろ、どっちもやれば良い

これが結論。
あくまでも、パチンコやスロットやるならですよ。

昔よりどんどん稼ぎにくくなっていますし、費用対効果が悪くなっているので、新たにパチンコやスロットを始めましょう。

なんてことを言う気はさらさらありません。

ここからは、結論を掘り下げて書いていきます。

スポンサーリンク

パチンコとスロットどっちが勝てるか

これは時代、言うなれば規制によって大きく変わります。

4号機時代なら間違いなくスロットの方が稼ぎは大きかったでしょう。
5号機時代は微妙です。どっちもどっち。

現在、6号機時代は、機械の性能だけで言うなら間違いなくパチンコの方が勝ちやすいですが、釘との兼ね合いもあるので一概には言えません。

もっと言うなら、時代を重ねるごとに、パチンコもスロットも勝ちにくくなっていますし、稼げる金額も少なくなっているのが現実です。

パチンコとスロットどっちが勝てる?
と聞かれれば、やることやってりゃどっちも勝てる。

という結論しか持ち合わせていません。

時代や機械の性能、ホールの扱いに合わせて、その時に取るべき最良だと思われる立ち回りを続けていれば、イヤでも収支はプラスになるでしょう。

勝ってる人間はいつの時代でも、金額の大小はあれど勝っています。
負けている人も同様、どんなに良い時代でも負けてますよね。

現状の6号機に対しての文句もそう。

面白くない、ゲーム性が単調。
そんな意見に対しては同意する部分も多いです。

ですが、6号機になったから勝てない。
この文句に対してはバカかな?としか思いません。

勝ちの総額が減った。
これはまだ分かります。

しかし、5号機の終盤時期と6号機の黎明期から現在に至るまでを比較した場合、私の収支はそれほど大きく変わっていません。

リミットがあることで、一撃のプラス収支は減りました。
しかし、代わりに投資金額は減っています。

やることやってりゃ結果は付いてくるの典型です。
結局は自分の実力不足を機械や時代のせいにしているだけ。

ちなみに、14年ぐらい年間収支連続でプラスなわけですが、ザっと収支を見てみるとパチンコとスロットの収支は

・パチンコ 約+2,000万
・スロット 約+2,500万

でした。
ですが、これはスロットの方が勝ちやすいとイコールにはなりません。

時代や私の周囲の状況的にスロットの方が稼ぎやすかった。
というだけの話。

スポンサーリンク

パチンコとスロットどっちが簡単にプロになれる?

プロとまではいかずとも、どっちが早く勝てる様になるか?
という質問に対しては

「間違いなくスロットの方が早く勝てる様になる」

というのが答えです。

スロットで勝つと言っても、ホールの状況を読んで設定狙いオンリーで結果を出す。
というならそう簡単ではありません。

ですが、ハイエナメインで立ち回るなら誰でも出来ます。
猿でも可能。

創意工夫も要らないし、必要なのは打ち出しゲーム数と換金率による期待値(期待差玉)の情報だけ。

その数字を読むことが出来れば、後はそれを遵守する。
それだけで日当1万円ぐらいなら今でも簡単に稼げます。

まぁ、ちょこちょこ移動したり、ホールで時間を潰したりする必要はありますが。

こうした情報や暇つぶし。
全て今の時代はスマホ1台で完結しますよね。

スロプロと言っても、店の傾向や思惑を読み、状況に合わせて色々と立ち回りを変えていく。
なにもなければ、技術で期待値を稼ぐ。(ディスク打ったり)

こういうのと、ハイエナ専門では難しさが全然違います。

まぁ、ハイエナ専門でも時間帯ごとの店の稼働率や客層を加味して、どういう経路で店を回っていくのが最適か?

という経路選択まで考えるなら、明日からスグになれます。
ってわけにはいきませんけど。

なんにしろ、スロットで勝てるようになる。
月に10万程度は稼げるようになる。

このぐらいの目標なら、1ヵ月程度で可能です。

パチンコは無理。
釘読みだけでも結果に繋がるレベルになるのは3ヵ月から半年は必要です。

技術職でもあるので、正直センスも必要。
出来ない人はどれだけ教えても出来ません。

それぞれのメリット・デメリット

個人的には今ならパチンコの方が勝ちやすいとも思います。
だって釘は外から見えますが、設定は見えませんからね。

設定公開が出来ない現在では、設定狙いの場合にどこまで行っても憶測からの期待値算出しか出来ませんし。

デメリットとして、釘は営業時間中に動くことが無いという部分があります。

スロットの場合、ハイエナをするなら時間の経過で状況も変わり、打てる状況が生まれることも。

ですが、パチンコの場合は最初にダメならそれで終わり。
天井遊タイム狙いなら別ですが。

つまり、パチンコの方が融通が利かない。
打てるチャンスが少なくなってしまうということです。

また、パチンコの技術介入は最近うるさく注意してくるホールもあります。

ちなみに、技術介入を咎めることは、見方によってはホール側が違法。
まぁ、向こうは建造物侵入や窃盗罪で対抗するんですけど。

あらゆることを総合すると、やはりどっちもどっちですね。

スポンサーリンク

パチンコ スロットどっちもやれば良い

金銭的な勝ちを求めるなら、パチンコ屋は遊技場ではなく資本主義を体現した場所です。

大仰な言い方をすれば「戦場」とも言えます。

そんな場所で、パチンコかスロット。
どっちか一方しか出来ないとなっては分が悪いですよね。

アナタ自身がどうという問題ではなく、どちらでも稼げるスキルを持った人間が普通にホールに存在していることが問題。

アナタがどちらか一方は拳銃レベルのスキルを持っていたとして。
二丁拳銃でしかもマグナムみたいな人も居るのです。

また、ホールは圧倒的に強く、ライフルや籠城してのガトリング攻めみたいなことをしてきます。

そんな中で生き抜くなら、武器は1つでも多いに越したことはないでしょう。

軸足はどちらかに置いて、今までやってこなかった方のスキルも磨いていけば、勝てるチャンスは広がっていきます。

先に書いたように、パチンコが厳しい時はスロットが甘めに。
その逆もまた然り。

そうしてパチンコ業界は進んできたわけですから、どちらでも勝てるレベルになっていれば風向きの良い方で凌ぐことも簡単になります。

風見鶏になれることも、勝ち続けるには重要なスキルです。

スポンサーリンク

まとめ

パチンコとスロットどっちが勝てる?
と聞くのは、結局のところ

「楽に勝てるのはどっちか教えろ」

と言っている様に聞こえます。

どちらも勝てますが、どちらも楽をして勝てるものではありません。
少し本気になれば、普通のサラリーマンよりは今でも稼げるわけです。

なら、それと同等、それ以上の努力や苦労が付いて回るのは必然。

楽してどうにかしよう。
しかもその答えを誰かに求めよう。

そんな的外れで甘ちゃんな考え方は捨てましょう。
パチンコ云々ではなく、そんなんではどこの業界でも稼ぐ側には回れません。

パチンコ スロットどっちが勝てる?

ではなく、

パチンコ スロットどっちも勝つ。勝てる様にする。

趣味であっても金が掛かっているわけですから、少しぐらいは真剣になってみるのも悪くないかも知れませんよ。

タイトルとURLをコピーしました