パチンコの波。その正体を元プロが解説

コラム
この記事は約4分で読めます。
エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい

波って話は結構頻繁に登場するのではないでしょうか?

この記事では

「パチンコに波ってあるの?」
「波があるなら、それを利用出来ないの?」

こんな感じの、よくある波の話について解説していきます。

いつもの通り、あくまでも私見。
絶対に正解とは言いませんので、よろしく。

スポンサーリンク

パチンコに波ってあるの?

結論から言うと、パチンコに波は存在します。

スランプグラフが上下に動いて、波のような形状を作っているわけですから、波が無いという方が難しいでしょう。

ただ、勘違いしてはダメですよ。
パチンコの波はあくまでも結果論。

しかも、その結果は機械に予め決められている割合に応じて、乱数を基に抽選された結果であって、誰かの意思、人為的な意味を一切持ちません。

株やFXのチャートも波の形状です。
これはチャート分析をする意味があります。

なぜなら、この波を作っている誰かの意思、人為的な思惑を感じ取ることが可能だからです。

意思や思惑は、AIのアルゴリズムも含みますよ。

人の思いがあれば、再現性を持つ可能性があります。
また、そこから意図を汲み取り、先を予想することも可能です。

が、パチンコの乱数に意図や思惑、意思はありません。

つまり、波をどんなに分析しても、そこから先を読む一手は絶対に生まれないということ。

機械が毎度、気まぐれで吐き出す乱数を読むことは不可能です。

少なくとも今のパチンコにおいてはね。
昔は出来た機種もありますけど。

スポンサーリンク

波を利用出来ないの?

これはいわゆる「波理論」ってやつですね。

結論から言えば、ここまで解説した理由から不可能。
ということになります。

世の中には波理論、波を読む攻略法。
なんてのが今でも散見しています。

宗教と一緒で、なにを信じようとアナタの自由ですが、法外なお金を請求している時点でダメ。

波理論で勝てるなら、それで良いです。
勝っているならそれが正解ですから。

1年2年と、酌量ナシに冷静に収支を付け、それで最低3年。
年間トータルプラスを続けられれば、アナタの波理論は正しいかも知れません。

その素晴らしい技で、世の中のパチンカーからたんまりと金を巻き上げることも可能でしょう。

波やホールコン攻略、パチンコオンラインスクールという詐欺同等の占い。

これらは全て対照実験を行えば実態が見えてきます。
対照実験というより、単なる比較実験かな。

本当は対照実験の方が良いだろうけど、どうせこういうオカルト信者は色々と条件を変えて難癖付けるから、対照実験の条件設定がここでは確定しづらいので。

経験上、ボーダーマイナス5以下の台でトータル勝つことは1ヵ月スパンでもほぼ不可能。

なので、ボーダーマイナス5以下の台で、こうした詐欺師共が言っている条件に合致する台だけを打ち続け、3ヵ月のトータル収支を見れば良いでしょう。

3ヵ月というか、5万回転ぐらいの実射。
おそらく、1万回転も回さずに結果は明白になると思います。

恐ろしく強運の人の場合も考えて、一応5万回転を目安に。

スポンサーリンク

まとめ

パチンコに波はある。
が、それは人為的でないため再現性がなく、利用価値がほぼない。

当然、その動き(形状)を見て先の展開を読むことも不可能。
これが出来ると言い張るなら、比較実験を行い証明すれば良い。

これがパチンコの波に関する結論です。

スロットの場合は少し違います。
当然、先を読むことは出来ません。

ですが、設定差が露骨に出る機種なら、スランプの形。
波の形で設定推測がある程度可能になります。

最近は少し違いますが、6号機は設定差が波の形に現れやすい機種が多かったですよね。

なんにしろ、波を使って勝つ。
ってのは現実的ではありませんし、そんなやり方で勝っているプロは一人も居ません。

何度も書きますが、なにを信じようとアナタの自由。

波理論や詐欺同様の占いに大金を払ったり、そのありもしない、理論にもなっていない理論を基に立ち回って負け続けるのも自由です。

そうして負けてくれたお金を、私はしっかりと頂くだけですから。

タイトルとURLをコピーしました