パチンコ店員ってインカムでなに話してるの?元店員が暴露します

コラム
この記事は約7分で読めます。
「店員はインカムでなにを話しているのか」
「なにか話した後、連荘が終わった」
「インカムで悪口を言われているんじゃないか」

などなど、パチンコ店員がインカムを使ったなにを話しているか、気になっている人も少なからず居るかも知れません。

まぁ、私以外の人の話や動画なんかで、パチンコ店員がインカムでなにを話しているか、おおよそは知っている。

そんな人も増えていると思います。

一応、基本的なことや実体験を交えて、パチンコ店員がインカムでなにを話しているのか?

に関して書いていきます。

これを読めば、パチンコ店員がインカムで話している内容について知ることが出来ますので、変な思い込みや被害妄想から開放されるでしょう。

・・・まぁ、なにを見聞きしても、信じない人には無意味だと思いますがね。

スポンサーリンク

パチンコ店員がインカムでなにを話しているか

一応、最初にインカムってなに?
ってところも押えておきます。

インカムは、パチンコ店員が使っているトランシーバーの様な物。

服の胸の辺りにマイクがあって、それに話しかけている姿を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

本体(送受信機)は腰の部分にあり、ベルトに引っかけたりするのが一般的かと思います。

では、実際にパチンコ店員はインカムを使ってどんなことを話しているのか?
具体的に書いていきますね。

玉箱の管理

最近ではパーソナルの店が増えているので、この用途で使われることは少なくなっていると思いますが。

玉箱を後ろに積む場合、10箱とか超えてくると通行の邪魔になったり、引っかけて倒してしまう大惨事を避けるために別積みをします。

この別積みをする際に、

「○○番台、別積みしま~す」

みたいなことをインカムで伝えます。

これをする大きな理由は、その別積み作業をしている間、自分の担当している島の作業が滞る可能性があることを認識してもらうためです。

要は、別積み作業をしている間、コールランプが点いたらヘルプで誰か入ってくださいね。

と先に言っておくわけです。
そうしないと客を待たせることになりますからね。

交換作業時

これは先の玉箱管理と被る部分もあります。

パーソナルでない店の場合、玉をジェットカウンターまで持って行って流す作業は結構時間が掛かるもの。

その間、自分の担当コースが空いてしまうので、ヘルプで誰か入ってね。
と言っておかないとダメなわけです。

これはパチンコ・スロットどっちも共通。

後、これをインカムで伝えることで、カウンターの店員が準備しておけるメリットも。

カウンターの店員も、年がら年中ボーっと突っ立ってるわけじゃありません。
景品の在庫管理や、品出しなんかもやるわけです。

で、その作業に没頭していると、お客がカウンターに来たことに気付かずに待たせてしまう。

なんてなことになります。
これはよろしくありませんよね。

なので、交換の際に先んじて言っておくわけです。

実際は待ってても全然交換に来なかったり、言った後に貯玉でした。
なんてことで待ちぼうけを食うこともありますが。

トラブルが起こった時

トラブルの種類は言い出すとキリが無いので、あまり詳しくは書きません。

大雑把に分けると

・対機械(台以外)
・対機械(台)
・対人

の3つですね。

どれもホールの表周り、いわゆるバイトさんや平社員で対応可能なものと、そうでないものがあります。

基本的には自分で対応してもらいますが、少しでもムリと感じたら速やかに上役を召喚する必要があるわけです。

この召喚の際にインカムを使います。

雑務の指示

これは本当に雑務です。
掃除やらなんやらが多いと思います。

後は、スロットのメダル枚数調整とか。
当然、遠隔とかの話じゃないですよ。

ただ、あんまりインカムを頻回に使うのを良しとしない店もあるので、そんな店では雑務の指示などは口頭で。

って方が多いかも知れません。
これも店によってまちまちですね。

休憩の報告

8時間のシフトだと、1時間ぐらいの食事休憩とは別に、2時間に10分ぐらいの小休憩があったりします。

なんにせよ、こうした休憩を取る際に

「○○休憩入りま~す」

みたいに報告が必要なので、この際にもインカムを使います。

で、休憩から戻ったら

「○○休憩いただきました~」

みたいなね。

これをやらないと、玉箱管理なんかと一緒で、誰も管理出来ない島が生まれてしまう可能性があるわけです。

スポンサーリンク

インカムで悪口とか言ってないの?

基本的には言ってないと思います。
ただ、これこそ店次第、人それぞれです。

私が働いていた店では、最初は結構インカムで色々と雑談していました。

ただ、私が勤め始めた時に

「あんまり不必要にインカム使わない方が良い」

と提言した結果、インカムの使用は最低限にするようになりました。

パチンコ屋に居る人は火のない所に煙を立てる天才ばっかり。
被害妄想の塊ですからね。

こうした人達に少しでも煙を立てる材料を与えない方が良い。
そう考えて提言したわけです。

オーナー、店長に頼まれて仕事してたので、意味不明な意見ではなく建設的な意見であれば、ある程度は聞いてもらえましたからね。

当然、その旨は私ではなく店長の口から従業員に伝えられたわけですが。
新参者を煙たく思う人はどこにでも居ますから。

・・・話がかなり逸れましたね。

インカムでの悪口は言ってる店もあるし、言ってない店もある。
これが事実です。

スポンサーリンク

インカムから出玉調整が生まれる!?

最初に書いた通り、インカムはトランシーバーに毛が生えたぐらいの物です。

当然、これを使っての遠隔操作なんか不可能。
と書くと

「インカムで出玉状況を報告して、それを受けた事務所で出玉の操作をしてるんだ!!」

と言ってくる人が居るでしょうな。

さて、まず出玉の状況を知るという部分。

これはわざわざインカムで報告を受けずとも、ホールコンでより詳細に、なんなら1玉単位のIN・OUTまで分かります。

なので無意味。

で、さらに言うと、万に一つ遠隔操作をしていたとして。
その一端でも平のホール店員に見せるはずがありません。

だって、もし遠隔なんかしてれば、それはトップシークレット。
可能な限りそれを知る人間は少なくします。

リスク管理の面から考えれば当たり前です。

それをバイトや平店員クラスに教える、やっているかも知れない可能性を匂わせる行動をすると思いますか?

絶対にやりません。
リスクがデカ過ぎる。

普通に考えれば分かることです。
それでも被害妄想の天才は納得しないでしょうけど。

じゃ、後ろでなにを話してるの?

後ろを店員がチョロチョロして、インカムでなにか話してる。
まぁ、確かに気分の良い話じゃありません。

この場合に話している内容として考えられるのは

・ゴト行為の確認
・プロ(上手な打ち手か)確認

この2つが主かと思います。

これはどちらも

「ホールコンでアラートが出た場合」

に発生することが多いです。

ホールコンでアラートが出ると、事務所からの防犯カメラ操作(もしくは自動)で、その台や打ち手の手元がズームになります。

これである程度はなにをしているか確認可能です。
ある程度というより、ほぼ分かるんですけど。

ですが、それでも確実じゃない。

ゴトか技術介入かなど含めて、細かく確認したい場合なんかに店員が後ろをチョロチョロし始めます。

ただ、これは昨日今日働き始めた人では難しいので、ある程度の経験がある店員が向かわされる場合が多いと思います。

つまり、もし後ろをチョロチョロされても、技術介入が出来ない人やゴト師でなければ気にする必要はないということです。

アナタの後ろをチョロチョロしても、店員側はアナタには一切興味ありませんので、安心してください。

私の場合、チョロチョロされ始めると

「・・・マズったかな」

と思って技術介入を止めたりするんですが、まぁ焼け石に水ですよね。
大体は注意されてしまいます。

後は、先に書いたトラブル系。

島単位で出玉の回収や払い出しが上手く行ってなかったり、裏詰まりが頻発していたりする場合ですね。

・・・出玉の回収や払い出しも当然、遠隔などの話じゃありませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

パチンコ店員がインカムを何に使用しているか、ザックリと説明してみました。

これで大体は説明していると思いますが、なんか抜けている気もします。
いかんせん、5年以上前の話なので、細かい部分は覚えていません。

ただ、言えることは

「インカムで出玉操作とか不可能」
「最悪でも悪口言われてるだけ」

ということですね。

アナタがガッツリと技術介入出来るパチンカー、しっかり勝っているスロッターでもない限り、店員のインカムを気にする必要は皆無。

被害妄想を膨らませるのは楽しいかも知れませんが、そればっかりだと心が荒むし、懐は寂しくなる一方。

気にしないで良いことは気にせず、可能な限りストレス少なくパチンコ・スロットと付き合っていきたいものですね。

エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
コラム パチスロ パチンコ パチ・スロ初心者の人向けの話
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました