有利区間3,000ゲームでパチスロに明るい未来?バカ言うな

コラム
この記事は約4分で読めます。

単なる私の勝手な考えなので、読んでもクソの役にも立たないと思います。
それでも読んでくれる優しい人は続きをどうぞ。

さて、記事のテーマはタイトルの通り。
「有利区間が3,000ゲームに伸びまっせ。こりゃ、パチスロも盛り上がるんじゃない?」

という考えに対しての意見です。

スポンサーリンク

有利区間は問題じゃない

Twitterや、他の記事でも時々書いてますけど、6号機における問題は有利区間1,500ゲームかどうかって話じゃありません。

「そう、やっぱり問題は2,400枚上限だろ」

これも半分正解で半分間違い。
上限も大した問題じゃありません。

一番の問題は「保通協における型式試験時の区間出玉制限」です。
言い方は正式には違うかも。

要は「○○ゲーム遊技した時に、出玉の下限はこの出率以内。上限はこの出率以内」って決められてるやつです。

これが一番の問題。
なんで有利区間や上限2,400枚よりコイツが悪なのか。

これをなんとなく説明してみましょう。
間違ってる可能性も大いにあるので、暇つぶしで読んでね。

例を考えてみよう

単純な話で、上限2,400枚が80%ループ。
そんな機械だったら、正直有利区間とか問題になりませんよね。

6号機の規定なら、純増10枚とかも可能なので、5号機より断然良い。
凱旋やハーデスなんて鼻くそです。

純増10枚で、1回の初当たりでMAX2,400枚。
で2,400枚獲得したら完走で、有利区間を一旦切ります。

ほんで、そこから引き戻しゾーンに入って、ここの戻し率が80%。

みたいな機種なら、実質的に有利区間も上限枚数もあってないようなもん。
有利区間と出玉上限だけなら、こんなもんは問題にならないわけです。

で、これが不可能な理由が先述の出玉試験の上限。
これに引っかかるからこんな性能の機種は絶対に作れない。

つまり、有利区間が10,000ゲームになっても、上限2,400枚が撤廃されても大した意味を成さないって話。

スポンサーリンク

ただ昔に戻る、もしくは悪くなるだけ

ということで、有利区間が3,000ゲームになってもダメです。
パチスロが復活するためには、出玉試験の上限・下限の数値が変わらないと無理。

追記:有利区間3,000で最初に導入されるのは「うしおととら」らしい。

有利区間3,000ゲームの最初の機種はマジハロのようです。
で、人気だった5をベースに作っているらしい。

そもそもマジハロ5も2,400枚はなかなか一撃じゃ出ませんでした。

が、それでもたまに色んな要因が重なって「どこまで続くんだろ?」と思うほどにARTをストックする場合もありましたよね。

出る速度は遅かったですが、この「どこまで行くねん感」が魅力の1つだったのでは。

当然、このどこまで行くねん感はありません。
だって3,000ゲーム消化、もしくは2,400枚出たら終わるもん。

「有利区間3,000ゲームだから、ボーナス+ARTタイプの復活だ!」

とか言ってる人もいますけど、これもどうかと。

ボーナス確率を上げると、短期出玉の部分で引っかかります。
だから6号機ボーナスタイプは軒並み苦戦してるわけでして。

ボーナス確率をある程度の水準にするなら、ARTの純増を0.5枚とかにする必要があるでしょう。
これってARTじゃなくてRT。

5号機初期の増えないRT+ボーナスタイプ。
しかもボーナスの獲得枚数も少ないって機種しか出せないと思うんです。

ARTの枚数を新鬼武者とか初代エウレカとかの1.5枚ぐらいにする。
すると今度はボーナス確率が格段に下がるか、枚数が100枚とかになる。

100枚とか、良くて150枚しか取れないのに「ビッグボーナス!!」って言われる切なさ。

まぁ、まど2とかも似たようなもんなので、あれが大丈夫な人は大丈夫でしょうけど。

そう、まど2とかの感じで、上乗せや獲得枚数に上限がある。
そんな仕上がりになると思います。

大好きだった新鬼もこれぐらいの出玉速度でしたが、どこまで行くか分からないから、あのスピードで我慢できたのが現実。

まして、せっかく出玉速度が速くなったにも関わらず、またこの辺りの速度に戻されたらダレると思うんですよね。

まぁ、魅せ方がかなり大事になるでしょう。
どうあれ、かったるくて打ってられないって感じる人もいると思います。

スポンサーリンク

まとめ

なんの話やねん。
って感じでしたが、要は有利区間が3,000ゲームになってもダメなもんはダメですよって話。

まぁ、6号機がダメなのは多くの機種が設定6で初めて勝負になる。
それ以外の設定じゃ手も足も出ない。

みたいな仕上がりになってるからだと思いますけど。
これは先述の下限の部分が影響してるので、6.1から多少はマシになりましたが。

メーカーは色んなことを考えてくると思います。
魅せ方含めて色々と。

でも所詮は付け焼刃と言うか、化けの皮はすぐに剥がれるわけでして。

根本の問題である出玉試験の上限と下限。
これが解決されない限り、結局は出ない台しか作れません。

徐々に緩めていく気配は感じますが、それが功を奏するまでパチンコ業界が持てば良いですね。

…もう手遅れな気もしますけど。

エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
コラムパチスロ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました