パチスロの期待値情報を有料で売っている人への素朴な疑問

コラム
この記事は約4分で読めます。

最近、パチスロの天井やゾーン狙いの期待値を有料noteなんかで販売している人が結構な数いるように感じます。

まぁ、どんな商売しようが私は構わないんですが、単純な疑問が頭に浮かんでしまったので筆を執った次第。

優良noteなどの購入を考えている人は一度読んでみてください。

スポンサーリンク

その情報はどこから?

単純な話ですが、その情報はどこから出たものなんでしょう?

最近(6.1号機ぐらいから)はメーカーが機種の内部情報をかなり世に出さないようになっていますよね。

これによって、今まで「解析が~」と偉そうに語っていた演者やメディアが軒並みトーンダウンしているのは非常に滑稽ですが。

私は何年も前から

「今の時代解析なんてしていないし、技術的にも難しい(コスト面含む)」
「もし解析しても、メーカーの許可なしにその情報は世に出せない」

ってな話をしていました。
ここにきて、それが見事に証明されているわけです。

まぁ、それはそれとして。

今までメーカーとしっかり繋がりのあったメディアですら機械の内部仕様の詳細情報が手に入らなくなっている時代に、メーカーの開発でもない一般人がどうしてデータを入手できるのか?

これが単純な疑問なわけです。

「解析データではなく、ホールの大当たり履歴から統計を採ってゾーンや天井を推測して期待値を出している」

と言うのが大方の人の反論だと思います。

確かに、ホールのデータ。
ダイコク電機が持っているようなビッグデータを分析したならある程度は信憑性があるでしょう。

ですが、それを利用したとしても正確な期待値なんか出せないはず。
だって多くの確率がブラックボックスの中にあるわけですから。

  • モード移行率
  • 当たりに直結する役の確率
  • 各種小役による細かな状態移行率や当たり確率

他にもAT中の上乗せ確率などが設定によって違うのか否か。
いわゆる強ATや弱ATの概念はあるのか?

などなど、枚挙に暇がありません。
当然、ヤメ時などに関しても同様。

大事な部分が分からない状態なのに、人が集めたデータを分析しただけで本当の期待値が算出できるものでしょうかね?

ダイコク電機も全てのデータをユーザーに開示しているわけじゃありませんし。

期待値は自分で経験を重ねて出すもの

まぁ、古い考えかも知れません。
古参の元パチプロですから、古いのもしょうがない話です。

ですが、私の中で期待値ってのは人が出したデータを基にして、最悪それを鵜呑みにして出すものではないと思っています。

メイン基板・サブ基盤共にプログラムを吸い上げた上で全てを本当に解析した人の算出したものであれば別ですが。

自分でアレコレ考えてデータを採り、実際に打っていく中で自分なりのボーダーラインを模索していく。

その方が楽しいですし、なにより納得がいくと思うんですがね。

実際に打ち込んだ機種(北斗転生・モンハン月下etc)では、メディアが濃厚(媒体によっては確定)と言っている挙動が外れたり、探した限りどこも掲載していない挙動を見たこともあります。

まぁ、それは単純にネットや紙面に載っていないだけ、もしくは私が探し切れなかっただけの可能性も高いですが。

いずれにしろ、いつも書く通りにパチンコ・パチスロ業界は清廉潔白じゃありません。
当然、メディアはその傀儡なのですから言うに及ばずです。

なにが起こっても不思議じゃありませんし、それがこの業界の味でもあります。
風営法の範疇=大人の世界ですからね。

このブログはどうかって?
信じない方が良いんじゃないですか?

スポンサーリンク

まとめ

色々と叩いてやろうと思っていた節もあるんですが、途中でど~でも良くなっちゃった。

明らかなオカルトや嘘(ホールコン攻略とか)で法外な金を毟っているカス共とは少し毛色が違うのでね。

ただ、まぁこういう期待値情報なんかを買うのも考えもの。
ましてや鵜呑みにするのはどうかと思います。

自分で考えるのが面倒くさいから、数百円なら良いか。
って考えも理解できなくはないですが、少なくともその情報は生きていない。

というか、本当に単純な疑問なので、こういう情報を買った人や売っている人で私を納得させられる人がいたら是非とも連絡して欲しいです。

エージ

元パチプロ、現在16年連続で年間トータルプラスで累積は5,000万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
コラムパチスロパチ・スロ初心者の人向けの話
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました