ウルトラセブン超乱舞の基本スペックや打ち方。注目して損はナシ

ウルトラセブン超乱舞 パチンコ
この記事は約7分で読めます。
エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい

「Pぱちんこ ウルトラセブン超乱舞」が、11月16日から導入、稼働開始です。

ほんで、機種名が長いので、この記事内では「セブン超乱舞」とします。

この記事ではセブン超乱舞の基本スペックや技術介入、立ち回りのポイントなどを網羅的に解説していきます。

90%ループ突入確率を間違えていました。
そのため、ボーダーラインも合わせて変更しております。
先んじてこの記事をご覧になった方にお詫び申し上げます
スポンサーリンク

セブン超乱舞 基本スペック

セブン超乱舞は「1種2種混合機」です

通常時:1/199.9
確変中:1/51.0

ヘソの戻しは3個、電チューが1個。
普通入賞口が2・3・5個、アタッカーが10個。

1ラウンドは10カウントです。

大当たり割合はヘソだと

ラウンド数(R) 割合 実質出玉
3R+時短95回転 15% 約270個
3R+時短55回転 35% 約270個
3R+時短7回転 50% 約270個

で、電チューからの当たりは

ラウンド数(R) 割合 実質出玉
10R+時短496回転 25.5% 約900個
10R+時短95回転 8.6% 約900個
10R+時短55回転 17.9% 約900個
3R+時短95回転 11.9% 約270個
3R+時短55回転 36.1% 約270個

赤色の当たりを引くと、以降は以下の比率に電チュー当たりの割合が変化。

ラウンド数(R) 割合 実質出玉
10R+時短496回転 25.5% 約900個
10R+時短95回転 26.5% 約900個
3R+時短95回転 48% 約270個

全体の流れを簡単にまとめると

・1/199を引く
・50%で乱舞RUSH(時短55or95)
・ダメな方引いたら7+4回で頑張る
・電チューで時短496を引く
・すると、トータル連荘率90%のSTに突入

という感じ。

詳しくはメーカーの公式ページの方がおすすめ。
フローチャートで分かりやすく解説されてます。

ぱちんこ ウルトラセブン超乱舞 OK公式ページへ

ほんで、ここからは少し注意点というか、ぬか喜びしないための知識。

セブン超乱舞の90%ループ状態。

時短95回の超乱舞RUSH。
時短496回の∞RUSH。

この状態を維持するか否かは、電チューが作動状態にあるか否かで判断しています。

なので、メーカーの公式ページにも小さな字で書いてありますが、RUSHの最後の1回転と残保留4個で引き戻した場合は、この90%ループに必ずしも帰って来るとは限りません。

RUSHの最後1回転と残保留は、上の当たり割合の表の2番目。
赤字が入っている表の割合で抽選されます。

「ギリギリ引き戻した。これで90%に返り咲きやで!」

と思っていても、25%の良い方を引いてないと、90%には帰って来れないので、その点はご注意ください。

別に損するわけじゃないので、単純に引き戻しは喜ばしいことなんですけどね。

セブン超乱舞 スペックを見て思うこと

最近の京楽機種同様、このセブン超乱舞も甘めで尖ったスペックです。

しかも、天井の恩恵が現行機トップ。
なので、立ち回り次第ではかなり稼げる可能性もあります。

が、他の天井付き機種同様、この良い部分は悪い部分の裏返し。
天井乞食や、ガチガチの釘調整が目に浮かびます。

セブンはウルトラマンの中でも一番好きですし、最近の京楽機種は通常時もカスタムしとけば異常な煽りがなく、ST中も面白い。

出来ればある程度の釘で、平打ちで技術介入込みの日当1万5千円ぐらいで、のんびりと楽しみたいのですが、そうも言ってられん感じになるでしょうね。

導入台数もそれほど多くないですし。

ボーダーライン

打ち方は完全なる適当打ちと、多少の技術介入を考えて分けています。

初心者レベル

・保3止め・ステージ止めをしない
・電サポ中も打ちっ放し
上級レベル

・基本的にヘソのオーバー入賞は0
・電サポ中の玉減らしを抑えられる
・捻り打ちでオーバー入賞を出来る

現状では、ミドルのウルトラ6兄弟をベースに、電チューの感じやゲージを考えてボーダーを出しています。

捻り打ちなども、消化するアタッカー次第の部分もあるので、あくまでも現状の仮定数値です。

初心者レベルのボーダー

4.0円交換:19.5個
3.6円交換:20.5個
3.3円交換:21.5個
3.0円交換:22.5個
2.5円交換:24.5個

上級レベルのボーダー

4.0円交換:18.5個
3.6円交換:19.5個
3.3円交換:20.5個
3.0円交換:21.5個
2.5円交換:23.5個

あくまでも目安。

もう少し甘めだと思います。
多分、甘仕置人と同じぐらい。

ただ、ラウンド割合が細かかったり、引くタイミングで電サポ回数に雲泥の差が生まれたりと、色々ブレる要素が多いのも事実。

なので、ちょっと辛めに算出しています。

好調台・不調台の見分け方は?

なにをもってパチンコ台の好不調を決めるのか知りませんが、もしそれが液晶演出によるものであるなら、そうしたことを言っている人はみんな詐欺と考えて大丈夫です。

パチンコの当たりハズレに、液晶演出は一切関与していません。
これは法律で決められている事です。

設定付きパチンコであれば、高設定確定演出が出ていた場合に限り、ある意味での好調台であると言えますが。

パチンコの液晶演出の仕組みについて詳しく知りたい場合は以下の記事を参考にしてください。

パチンコの演出 無意味なものになぜ莫大な金を掛けるのか?
年々、派手に長くなり続けているパチンコの液晶演出。 そもそも、どのようにして液晶演出が行われているか知っていますか? 知っておけば演出オカルターを一笑に伏せることが出来るようになります。 ただ、弊害として「パチンコの演出が一切面白...

設定はあるの?

セブン超乱舞はP機ですが、設定は非搭載です。

そのため設定示唆演出などもありません。

セブン超乱舞 天井時短(遊タイム)

セブン超乱舞は天井時短を搭載。

大当たり間を500回転消化すると、「750回転の時短」に突入します。

しかも、その後はトータルループ率90%状態に直行。
現行機最強の天井性能と言って過言ではありません。

セブン超乱舞は確変がないので、ライダー轟音や牙狼などと違い、データカウンターの数字が500になれば天井です。

ちなみに、天井まで50回転を切ると演出が初代セブンのバトルモードになります。

多分、当たりを引いたらバトルに発展して負け。
天井行けばバトルに発展して勝ち。

みたいな演出になるんじゃないですかね、知らんけど。

スポンサーリンク

セブン超乱舞 勝ちに近づくためのポイント

ここから先では、セブン超乱舞で勝ちに近づくためのポイントを解説。

・釘のポイント
・技術介入ポイント

これらに関して書いていきます。

釘や技術介入のポイント

準備中

技術介入ポイント

準備中

天井時短を視野に入れた立ち回り

各交換率でボーダー回るとして、私ならこの回転数から打つかな。
って話で、計算が合っている保証も一切出来ません。

なので、文句や苦情も受け付けないので、そこは了承の上で参考にするならしてください。

4.0円交換:200回転~
3.6円交換:250回転~
3.3円交換:290回転~
3.0円交換:330回転~
2.5円交換:370回転~

ボーダーマイナス1~2ぐらいで打つことが多いと思うので、これぐらいが目安。

ボーダー回っている台で、この辺りから打ち出せば期待値は1,500円を超えてくるかと。

正直、等価なら100回転ぐらいから打ち出しても、ボーダーマイナス1~2個の台なら十分に勝負になると思います。

期待値をもっと下げても良い。
とりあえず負けなきゃ良い。

って場合は、交換率問わず、100回転辺りから打っても大丈夫だと思います。
当然、悪くてもボーダーマイナス2ぐらいの調整ならですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

導入台数の少なさ。
機種としての甘さと天井の有用性の高さ。

打ち手に対して非常に嬉しい、勝ちやすいスペックだと思いますが、ライダー轟音の惨状を見た後だと、不安が募ります。

杞憂であれば良いですが、恐らくはこのセブン超乱舞もヒドイ調整が横行するかと。

とは言え、私の行きつけホールが仕置人の甘を導入1ヵ月以降、ずっと甘く扱っていたりする事例もあるので、必ずしも悲観する必要はないと思います。

機種としては相当に良いスペック(メチャクチャ荒れるけど)なので、苦でなければ良い状況を探してみるのも良いでしょう。

パチンコ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました