「情報はタダで当たり前」というのは完全に情弱の考え方

コラム
この記事は約7分で読めます。

昨今ではあらゆる情報がタダで閲覧できるようになりましたね。
文章に限らず、音楽や動画コンテンツなんかも。

でも、これって本当に当たり前なんでしょうか?
もっというと、タダで手に入る情報は本当に使える情報なんでしょうか?

完全に主観ではありますが、こうした面からも含めて、当ブログに有料記事を導入した経緯について説明させていただきます。

スポンサーリンク

情報はタダではない

お金持ちの人ほど、「情報はタダではない」ということを熟知しています。

そして、情報はタダで手に入るのが当たり前だと思っている人は、おそらく生涯貧乏なまま。

当然、ここでいう情報とは「本当に価値のある情報」であって、価値の情報に法外な値段をふっかけて情報弱者を騙す。

といった、いわゆる「詐欺情報商材」の類のことではありません。

適切な価格で提供される情報、その有用性を理解出来るか否か。
これは貧乏と金持ちの境界線を越えるために必須の能力です。

情報にお金を払うことに躊躇する人は、その間に得られるかも知れなかった利益をどんどん失っていきます。

逆に、情報にお金を払うことが当たり前の人は、その利益をしっかりと掴む。

この差が貧富の差を生む大きな要因になります。

「情報にお金を払うことは当たり前である」

この思考にチェンジすることが、人より多くの利益を得るための第一歩です。

情報を得る順番

今の時代、無料の情報でも十分に価値はあります。

このブログもそうですが、無料で開示されている部分を読み、理解し、実践するだけで十分にアナタの年間収支は良い方に転じるでしょう。

もちろん、言い訳や甘えはナシで、徹底して初めてですが。

情報を得る順番としては

・まずは無料情報をかき集める
・その中で信用出来そうな人を見つける
・その人の情報なら、購入を検討する

という流れが基本になります。

少なくとも、パチンコ・パチスロにおいて、

「内容は購入された方限定で、一切教えられません」

なんて言ってる奴らは詐欺と思って間違いありません。

大当たり直撃や強制連荘などの攻略法なら、その手の話でも納得ですが、そんなものは今現在一切ありません。

今の時代、こうした攻略法を謳うのは全て詐欺です。
さらにこうした情報は一般人には開示されませんし、基本数千万~億単位で取引されます。

数万や数十万程度で手に入ることはありません。
だからって、数百万のが詐欺じゃないって話じゃないですよ。

私はブログ上で無料の情報をしっかりと開示していますし、有料の部分に書かれている内容も先に書いています。

自分の状況を冷静に考える

先にも書いた通り、世の中には法外な値段で価値の無い情報を売りつけている輩が多くいます。

そんな奴らのせいもあり、特にネット上の情報に対してお金を払うことに躊躇する人も少なくないでしょう。

では、なにを基準にしてお金を払うかどうかを決めるのか。
答えは簡単で、

「アナタ自身の置かれている状況に合わせる」

というものです。

現在の自分の収入、求めてる情報の分野に対する知識量など。

このブログを例にしてみましょう。

読んでいるアナタが私よりもパチンコ・パチスロに対する知識があり、収支も上がっている。

もし、そんな状況で、暇つぶしに見ているだけなら、私の記事にお金を払う必要は一切なし。

ですが、アナタが現在、私よりもパチンコ・パチスロの知識がなく、年間収支でプラスに出来ていないなら、私の記事にお金を払う価値は十分にあります。

私の書いている内容、もしくはそれよりも劣化したものを、世間では数万円~数十万円単位で売っている輩もいます。

これは先に書いた通りボッタクリです。

そもそも、勝てていない人に対して高額な情報を売りつけるってのは、完全に人の弱みに付け込んだ手法。

いわゆる「溺れる者は藁をもつかむ」って奴です。

この状況で高額な情報を買うと、買った人の心には「サンクコスト効果(コンコルド効果)」と呼ばれる心理状況が生まれます。

これは「自分が使った金額を回収するまでやめられない」という心理効果で、こうした詐欺情報での常套手段です。

「こんなに高い金額を払ったんだから、嘘のはずがない」

こう考えてしまうわけです。

で、パチンコ・パチスロはどんな下手くそがやっても約3割は勝つことがあるので、その時だけが頭に残り

「やっぱり効果があったんだ」

となります。

このサンクコスト効果を生み出さないためには、「失っても気にならない金額」しか払わないことです。

逆説的に言えば、大当たりを直撃出来たり、強制的に連荘させれるなどの「誰がやっても同じ効果が期待出来る」もの以外で、いきなり大金を請求するのは価値が無い情報の可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

私の記事の信憑性

とりあえず、私は

・開発
・ホール店員
・パチプロ

という経歴をたどっています。
開発はすぐに止めたので、あんまりですけど。

で、パチプロとして今まで14年間で4,500万以上稼いでいます。
年間平均にすると320万程度なので、そこまで大したプロではありません。

まぁ、ガッツリ専業でやってた時は年に500万以上稼いでましたけど。

こう書くと、

「証明して見ろよ」

という声が上がるでしょう。

無理です。
だって税金関係は他の仕事と併せて計上してますし。

なにより、私の収入や貯金額を提示した所で、それがパチンコ・パチスロで稼いだものであるという証明にはなりません。

もっと言えば、そもそもその金額が記載された画像が本物である証明もありませんし、それが私の物であるという証明も不可能。

私が開示する情報を、アナタが確認する手段はありません。
どこまで行っても水掛け論です。

さらに「いくら稼いでいます」
の画像なんて、簡単に作ることが出来ます。

こうしたことすら考えられない人は、情報弱者として食い物にされるのがオチです。

そうした確認の出来ない証明で安い安心感を買うのではなく、開示されている情報を精査し、自分の頭で考えて納得する。

そして、その対価が妥当であると考えることが出来るかどうかを考える。

これが情報社会で食い物にされないための基本です。

なので、無料で公開している私の記事をしっかりと読んでみてください。

信憑性とは、自分が相手に対して押し付けるのではなく、滲み出る部分から相手に勝手に拾ってもらうものだと考えています。

信憑性や信頼性みたいな、形の無いものを大々的に押し付けている輩は、むしろ詐欺師の臭いすらする。

なぜ情報を提供するのか?

単純な話で、今現在のパチンコ業界において、数万円以上を一人からせしめる様な情報は存在していないからです。

どこぞのプロを名乗る人の情報商材には慶次漆黒の話。
みたいのがあって、他にも色々とコンテンツがあって2万ぐらい。

高過ぎ!

大当たり直撃や強制連荘が存在しない以上、今のパチンコの攻略は

・釘読み
・止め打ち
・捻り打ち

以外には存在しません。
波を読むとか、ホールコン攻略とかのアホ丸出しは別にして。

このプロが売っている情報商材の中身は知りませんが、目次を見た限りだと、全て私のブログで完結します。

まぁ、まとめられていないので、ブログ内を探す手間はありますが。

後、パチンコをオンラインで教える学校。
の頭文字を取ったやつは「情報商材集団(大きめ)」なので、コチラにも騙されないように。

検索しても悪評が出ないのは、SEOを意識して、数人(十数人?)でカッチリとサイト構築してるからと、多くの人がそれに興味ないからです。

要するに、ここの言ってることは占いと一緒。
状況に応じて、取り方次第でどっちとも取れる言い回し。

結局、詐欺にはならないんだよね。
だって占いだもの。

そもそも、絶対に勝てるようになるわけじゃありませんから。
って書いてるしね。

まんま占いだよ。
私がこの世でかなり上位に来るほど嫌いなもので、虫唾が走る占いだよ。

なんにしろ、今のパチンコ・パチスロで勝つのは個人の努力によるところが大きく、ちょろっと教えたら勝てるようになるってもんじゃありません。

特にパチンコの方は。
スロプロならネットで教えるだけでも1ヵ月で仕込めますけど。

なので、最初の段階で、その人が勝てるか様になるかどうかも分からないのに数万以上の金額を請求すること自体がどうかしています。

そもそも、他のことでちゃんと金が稼げていれば、そんな金額請求する必要ないし。
お金の無い人から絞るやり方って、その情報に自信が無いことの裏打ちにしかならないですね。

これらの考えから、私はこのブログ内の情報は基本無料。

スポンサーリンク

まとめ

価値ある情報には正当な対価が支払われて当然。

正当な情報に対してお金を払うことを必要以上に躊躇する人は、この先さらに貧乏になっていくと思います。

より情報戦が苛烈になる世界になりますからね。

エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
コラム パチスロ パチンコ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました