【2022年版】パチンコの勝てる機種。元プロがおすすめを紹介します

パチンコ
この記事は約9分で読めます。

以前の記事で勝てる甘デジについて書いてみました。

この記事では甘デジに拘らず。
と言うかスペックは特に気にせずに、現状で勝てる可能性がある機種をピックアップします。

以前はランキングにしていましたが、最近は特に優劣がないので紹介する順番に特段の意味はありません。

スポンサーリンク

勝てるパチンコの定義

ボーダー+2~3ぐらいの台を打てば最終的に(どっかのタイミングで)プラス収支になることは当然として。

その上で一言に「勝てるパチンコ」と言っても、それぞれ定義が違う場合もあるでしょうから、先に意識の統一をしておきます。

今回は以下のことを評価基準として、勝てるパチンコかどうか?をランク付けしました。

そんなのは俺の思う勝てるパチンコじゃね~。
って方には役に立たないかもですが、批判・非難は最後まで目を通してからにしてくださいね。

勝てるパチンコの定義

・導入台数が多いか
・技術介入の効果があるか
・店の看板機種となり得るか
・お金に直結する小ネタがあるか
・一撃性が高いか
・安定感があるか

これらが評価基準。

一撃性と安定感は二律背反なので、どちらかを満たしていれば勝てるパチンコ台であるという定義です。

雑誌などのボーダー回転数は、基本的には加味していません。

ボーダーが甘くても釘を閉められれば終わりですし、ボーダーが辛くてもそれを考慮した釘になっていれば問題ないからです。

一撃性に関しては、長期的な目で見れば低い方が良いです。

一撃性が高いということは、それだけ波が荒いということになり収支のブレが大きくなってしまいますからね。

ですが、多くの人はそのブレがどうこう言うほどパチンコに時間は割けません。
なので、一撃性が高く、勝ち逃げがしやすい点も考慮に入れています。

スポンサーリンク

勝てる(可能性がある)パチンコをご紹介

さて、前置きが長めになりましたが、ここからは勝てるパチンコをご紹介していきたいと思います。

2022/02/23 追記
色々と変更しました。(雑)

役物系の台

勝てるパチンコ アナログ系

いわゆる「アナログ要素」のある台。
天下一閃や天龍などがこれにあたります。

考えることは、「店側の調整ミス」です。
ここが付け入る隙になります。

基本的に店側のミスによるものですから、新装初日、2日目ぐらいまでしか効果が見込めない、要は寿命が短いことは難点です。

大手チェーンのホールなんかではグループ内で寝かせのデータやら諸々を共有しているので、ミスは起こりにくいです。

管理が甘めの店に役物系の台が導入されたら狙ってみる価値はあり。

この手の役物系(一発台)と羽モノにおいての生命線である「寝かせ」に関しては以下のページで詳しく書いています。

パチンコは寝かせ(ネカセ)も意識しないと、勝つことは難しい
パチンコには寝かせ(ネカセ)というものがあります。 釘が一番大事なのですが、寝かせも意識しないと思う結果を得られない場合も。 機種によっては下手すると釘と同等、それ以上に重要な役割を果たす「パチンコの寝かせ」について書いていきます。...

追記:2020/01/06

鳳凰やトキオブラックなども出ましたが、結局は天龍や天下一閃のようなムーブメントにはなりませんでしたね。

結局、この手の台は店の扱いが難しく、使いづらいのが現実です。

状況が良ければ普通のデジパチと違い「ほぼ間違いなく勝てる」ので探して損はないですが、相当な実力と店回りが必要になります。

ちょっと非効率的過ぎで、現実離れし過ぎですね。

エヴァ 未来への咆哮(エヴァ15)

技術介入で特別な差がつく機種じゃありませんが、人気の高さを考えると現状ではホールもあまり無下に扱うわけにもいきません。

なので、あくまでもエヴァの客付きが良く、それに胡坐をかいてボッタクリしている店ではなく、看板として大事に扱っているホールであることが前提です。

スペック面は甘くもなく、辛くもなく。
現行の機種としては普通です。

詳しくは以下の記事で確認してください。

エヴァ未来への咆哮(エヴァ15) ボーダーや釘、技術介入ポイントを解説

エヴァ未来への咆哮(エヴァ15) ボーダーや釘、技術介入ポイントを解説
『エヴァ未来への咆哮(エヴァ15)』の基本スペックやボーダー、釘に技術介入ポイントまで網羅的に解説。 元プロが実際に打って感じたことをベースに書いているので、少しでもエヴァ15で勝ちたい、遊びたい人は読んで損のない内容です。

戦国乙女6 暁の関ヶ原

導入から結構な期間が経過しますが、今でもそれなりの台数と稼働を維持しているホールもあります。

スペック面に関しては文句ない仕上がりなので、特日などで開けられる可能性がある場合は最初にチェックしても良いぐらい。

詳しくは以下の機種ページで確認してください。

戦国乙女6のボーダーや止め打ちポイントを元プロが解説します
「戦国乙女6~暁の関ヶ原~」の基本スペックや技術介入のポイントなどを紹介。 戦国乙女6のボーダーラインや、どういう部分に気を付けて立ち回っていくべきかなどを書いています。

真・花の慶次3

漆黒の代わりとして導入された本機。
特段悪いと感じる部分はありませんが、稼働は今一つ伸び悩みな感が有りますね。

通常時・ST中共に演出が良くも悪くも慶次であることが要因の1つ。
後は「ハイハイ・ハイビスカス」が個人的には嫌い。

とは言え、導入台数も多めですし稼働をすっ飛ばすわけにもいかない。
そんなホールも少なからずあると思います。

現状で稼働が付いている場合はもちろん、少し稼働が落ちている場合も要チェック。
ホールによってはテコ入れをする場合もあるので、その時は狙い目いなります。

エヴァ15と比較すると、右打ち時の止め打ちや釘のチェックで差が付く可能性が高いですから、技術介入が少しは活きてくるかと。

技術介入や釘のポイントなど。
詳しい機種解説は以下のリンクからどうぞ。

真・花の慶次3の基本スペックやボーダー、釘や技術介入などを解説

真・花の慶次3の基本スペックやボーダー、釘や技術介入などを解説
『真・花の慶次3』の基本スペックやボーダーなどを元プロがザっと解説。 勝つための最低限の知識は手に入ると思います。演出などのムダな部分は一切触れていません。

ガンダムUC

機種として、元パチプロ目線で言えば特別な魅力は一切ありません。

ただ、なぜか根強い人気がある機種なので、ホールによっては打つ価値ありな台を見つけられる可能性も低くないでしょう。

『エヴァ15』『真・慶次3』『ガンダムUC』は結局店次第。
スペック、技術介入性などに関しては目くそ鼻くそです。

パチンコ ガンダムUCのボーダーや打ち方、釘のポイントなどを考察

パチンコ ガンダムUCのボーダーや打ち方、釘のポイントなどを考察
パチンコ ガンダムUCのボーダーや基本スペック、釘や技術介入のポイントなどを考察。 お盆商戦の中核を担うであろう機種なので、チェックしておいて間違いはありません。

海シリーズ

勝てるパチンコ 海シリーズ

勝てる甘デジの方でも書きましたが、特に書くことがないです。

打っている層のメインがシニアだから、レベルが非常に低いことが多いので店も扱いやすいです。

基本的に薄利で調整されている場合が少なくないので、その中から選んで少し止め打ちなどに気を配ればなんとかなります。

消化効率の良さは今でもかなりのものですから、回る台を掴めれば他のムダに長い演出を見せられる台に比べて試行を稼げます。

試行が稼げる=期待値が上がるわけですから、大事な要素です。

勝てるパチンコ
というテーマでは、外すことは出来ないシリーズです。

出来るだけ旧基準の海を打つ方が良いですが、あくまでもスペックだけを考えた場合。
スペックに応じた釘になっていれば問題ないです。

海ジャパン2などの「設定付き海」に関しては、個人的にはオススメしません。

メイン層が老人のため、設定推測や設定の概念自体が薄い、無いためホールも設定を入れてこない傾向が強いと感じています。(あくまでも私の周囲の話)

海がパチンコで最もおすすめな理由を元プロが解説
数あるパチンコ台の中で、不動の地位を築いている「海シリーズ」。 そんな海シリーズがおすすめの理由、海シリーズの中でもおすすめ出来ない機種などに関して書いています。

仕置人 甘デジ

天井付きパチンコ 必殺仕置人の甘デジ

流石に厳しいのは重々承知。
それにしてもスペック面で考えればトップクラスの甘デジです。

甘デジの確率帯でありながら、一撃万発ぐらいは十分に狙える爆発力。

さらに天井遊タイムがあることで安定感も抜群。

その甘さゆえにホールでの扱いは厳しい場合も多いですが、それは天井を利用した立ち回りで十分にカバー出来ます。

一撃2万や3万発はさすがに難しいですが、トータル的な勝ち金額と安定感のバランスで考えるなら、間違いなく現行で一番の機種です。

必殺仕置人の甘デジ。ボーダーや、止め打ち・釘のポイントを徹底解説
仕置人甘のボーダーや止め打ち、釘のポイントなどを元プロが徹底的に解説。 仕置人甘で勝つための全てを網羅的に解説しているので、これを読めば仕置人甘での立ち回りはかなりの高レベルになること必至です。

リゼロ 鬼がかり

少し前ならバカボンでしたが、今ならこっちでしょうか。

ホールによって導入台数や扱いがエライ違う感じもしますが、大量導入して客を飛ばすわけにはいかないホールであれば勝機もあると思います。

大嫌いな版権(なろう系)+大都マシーンということで一切触っておりません。
なので、技術介入などに関しては「?」です。

基本スペックやボーダーなんかは打たなくても計算できるので、以下の記事にはそれを載せていますよ。

リゼロ鬼がかりの基本スペックやボーダーなどを解説

リゼロ鬼がかりの基本スペックやボーダーなどを解説
『リゼロ鬼がかり』の基本スペックやボーダーなどを元プロがザっと解説。 勝つための最低限の知識は手に入ると思います。演出などのムダな部分は一切触れていません。

牙狼 月虹の旅人 or GIGA GHOST

パチンコ 牙狼月虹

GIGA GHOST でも良いですが、結局は釘次第。
ともあれ、個人的には天井付きの方が立ち回りの選択肢も広がるのでおすすめです。

初代牙狼には遠く及びませんが、それでも現行機の中ではトップクラスの出玉力とスピードを誇っていることは事実。

技術介入もエヴァや慶次よりは多少効くので、その点でも評価が上になります。

牙狼月虹のボーダーや打ち方、釘のポイントなどを考察

牙狼月虹のボーダーや打ち方、釘のポイントなどを考察
牙狼月虹のボーダーや基本スペック、釘や技術介入のポイントなどを解説。 下手すりゃパチンコ業界の今後を左右する機種なので、チェックしといて損はないでしょう。

天井ナシの『GIGA GHOST』版は以下の記事で解説していますので、併せてどうぞ。

牙狼ギガゴーストのボーダーや打ち方、釘のポイントなどを考察

牙狼ギガゴーストのボーダーや打ち方、釘のポイントなどを考察
牙狼ギガゴーストのボーダーや基本スペック、釘や技術介入のポイントなどを解説。 基本的には月虹と同じと考えてOKですが、いくつかの変更点もあるので確認しておいて損はないと思いますよ。

スペック的には本当にどっちでもOK。
釘の良し悪しと天井が好きか嫌いかの違いだけです。

他に気になる機種

これを読んでいる人の中には

「なんで超電磁砲が入ってないの? バカなの」

と思っている人もいるのでは?
人気はあるようなので、扱いが良い店であれば当然勝てるチャンスはあると思います。

しかし、出玉の偏りがあまりにヒドイので、勝てるパチンコという側面から考えれば少々難しい面が多いでしょう。

導入台数や扱いの面で難しいですが、個人的に藤商事の似たような機種であるならば『暴れん坊将軍 双撃』の方が安定するのでおすすめ。

爆発力も十分にありますからね。

後、今だと『ルパン2000カラット』。
こちらは右打ちに突入した場合の見返りとダメ当たりのバランスが取れていないので論外。

これならリゼロやバカボンを打った方が圧倒的に賢いです。

『ひぐらしのなく頃に』は導入が少ないですし、触っていないので知らん。

スポンサーリンク

まとめ

勝てるパチンコ台=回る台。
これは封入式でないなら絶対的に変わらないことです。

ですが、例え回ったとしても出玉がまとまりにくい台は勝ちにくい。
これは勝ち逃げがしにくく、勝ち逃げした時の金額が少ない場合が多いからです。

この記事で取り上げている台は、現状では戦える、勝てるパチンコの可能性がある機種たちです。

裏を返せば、これらの機種以外は打つ前から勝てるパチンコではない。
最初から勝負にすらなっていない可能性が高いとも言えます。

限定的な状況であれば他の台にも勝てるパチンコの可能性はあります。

しかし、勝てるパチンコを念頭に台を選択するなら今回紹介した機種たちを中心に、優先的に釘を見ていった方が効率が良いことは確かです。

勝てるパチンコを目指して、機種を選んでいきましょう。

それぞれ目的別でおすすめ機種ランキングやまとめ記事を書いていますので、以下のページから用途に合った記事を選んで読んでみてください。

パチンコの台選びで迷ったら。目的別に元プロがおすすめをご紹介
「パチンコ台の選び方ってどうすれば良いのかな?」 そんなアナタに、元プロが目的別でおすすめ機種をまとめました。 このページから探せば、パチンコ台の選び方で迷う必要はなくなりますよ。
エージ

元パチプロ、現在16年連続で年間トータルプラスで累積は5,000万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
パチンコ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました