パチンコで勝ちたいアナタ。必勝法を教えましょう

パチンコ
この記事は約5分で読めます。

以前の記事

パチンコの必勝法。4,500万以上稼いだ元プロがついに暴露!
元パチプロがパチンコの必勝法を暴露。 さらに検索で上位に表示されるパチンコの必勝法関連記事に対してのレビューも行っております。 パチンコの必勝法をお探しなら、読まないと損ですよ。

でも書いていますが、基本的にパチンコにおいて必勝法は存在しません。
少なくても今の時代はね。

しかし、ただ1つ。
唯一ですが「パチンコの必勝法」が存在します。

いつもの論調

「パチンコやらなきゃ絶対負けない」

って話ではなく、ちゃんとパチンコを打った上で必ず勝てる方法です。

・どんなに楽しくなくても良い
・どんな労力も厭わない
・パチンコの必勝法を知りたい

というアナタは、この記事でパチンコの必勝法をマスターしてください。

スポンサーリンク

パチンコの必勝法

ここまで大仰な書き方をしましたが、現在のパチンコにおける必勝法は非常にシンプル。

当然、巷に蔓延る嘘攻略法やオカルトの類ではありません。
では、早速パチンコの必勝法を教えましょう。

「当たっている状態の台を打つ」

これが今のパチンコの必勝法です。

「・・・は?そんな台あるわけねーだろ、バーカ!」

と思ったアナタ、実はあるんですよ。

まぁ、分かっている人や勘の良い人なら、なにを今更って話。

「小当たり搭載機種の右打ち保留の残りを狙う」

って話です。

なぜ当たりを拾えるのか?

小当たり搭載機の詳しいシステムはここでは割愛。
アナタが知っておくべき事実は

「小当たり搭載機の右打ち保留は、1消化に10分程度必要」
「当たった後、ゲートを通さないと当たりが始まらない」

この2点だけ。
これによって起こることはなにか?

「当たりが誰にも気づかれず、放置される可能性がある」

ということです。

この状態の台を拾えば、右に1発打つだけで当たりが始まります。
必要な投資は玉2発です。

どんな機種でも、当たり1個の出玉が2発以下ってことはないので、当たりと電サポを取り切って即ヤメすれば必ず勝てます。

つまりは、必勝法です。

スポンサーリンク

必要なのは労力と忍耐力

この小当たり機の残り保留当たりを狙う。
ってのは一昔前に少し流行りましたね。

今では積極的に狙っている人も少ないでしょう。
しかし、このやり方は負ける可能性がほぼ0%。

お金が無い人。
どんなツマラナイやり方でも、とにかくパチンコで勝ちたい。

そんな人にはおすすめです。

では、具体的にどうやれば良いか?
方法を解説していきます。

足で稼ぐしかない

この必勝法、やり方は非常にシンプルです。

「小当たり搭載機の液晶をひたすら覗いて周る」

ただこれだけ。

機種によって表示は違いますが、小当たり搭載機の残り保留で当たっていた場合、液晶上には右を狙ってくださいの表示が出ています。

この台を見つければ仕事終了。
後は玉を打つだけ。

通常・確変どちらの可能性もありますが、先述の通り最悪でも500発程度の出玉をゲット出来るので、換金率が2.5円でも勝てます。

とにかく液晶を見て周るだけなので、釘が読めなくても全く問題ありません。

必要なのは、この状況になっている台を探し回る忍耐力と体力だけ。

どの機種を見て周れば良いのか?

現行機でこの小当たり機をザラっと紹介しておきます。

・北斗の拳8
・GANTZ
・新・鬼武者~超蒼剣~
・ウルトラセブン(319ver)
・エヴァ~シト新生~(甘・ミドル両方)
・劇場霊

まぁ、他にも色々とあるので気になったら調べてください。
これらの設置があるホールをひたすら周り、足で稼ぐ。

1日に1回でも4円で見つけることが出来れば、平均で日当8千円ぐらいにはなるでしょう。

これを安いと感じるか否かは人それぞれ。
気になるなら何事も実際に自分でやってみるのが肝心です。

特におすすめなのは甘デジ

現行MAXは拾えればデカいですが、319で4回転。
これの期待値は約1.25%。

80台に1台、あるかないかです。

甘デジであれば約4%。
25台に1台です。

まぁ、設置台数の割合があるので、一概にどちらが良いとは言えません。

とりあえず甘デジに関しては、私自身も10回以上拾っています。
特に店を周ったりしたわけじゃないです。

それでも拾える場合があるので、これに徹すれば1日に1台ぐらいは拾えても不思議ではありません。

ヤメる際の注意点

小当たり搭載機は先述の通り、右打ちで貯めた保留の消化に1個あたり10分程度の時間が必要になります。

このシステムは、当然ですがアナタがヤメる時にも適応されます。
右打ち保留を4個貯めた状態で電サポが終わると、そこから40分待つ必要が生まれるわけです。

これでは効率が悪過ぎますし、打たないで40分ぐらいの時間を台に座って待つことも出来ません。

では、どうするか?
答えは簡単で、電サポ終了時に右打ち保留が1の状態にしておくだけ。

例えば電サポが50回の場合。
51個目に当たりがある場合は、基本的に専用演出が発生して当たりが有ることが分かります。

問題になるのは52~54個目。
これらはその前の消化を待つ必要が出てきます。

これらを鑑みて、電サポ終了時に右打ち保留を貯めておかない。
と言うのが一番期待値が高くなります。

「電サポの保留貯めないと損じゃないの?」

と思われるかも知れませんが、損ではありません。
そもそも、小当たり機の場合は常に電チュー(に相当する)保留を貯めることが可能。

通常時右打ちすれば良いだけですからね。

この必勝法で大事なのは、ミイラ取りがミイラになる状態を避けること。
気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

楽して稼げる必勝法ではありません。
そうしたものを期待していた人には残念な内容だったでしょう。

ですが、そもそも楽して勝てる必勝法なんて今の時代存在しませんし、これを声高に謳う人はみんな詐欺師と思って間違いありません。

ここで紹介した必勝法は非常に地味。
しかも落ちているお金を探して歩く様なものなので、人によっては嫌悪感を抱く可能性も。

ただ、どうしても勝ちたい。
勝つという結果、お金がとにかく欲しい。

となれば、キレイごとを言っている場合ではありません。

本当にパチンコで勝ちたい、でも釘を読めるようになったり、技術介入が出来るようになるまでには時間とお金が掛かります。

手っ取り早く、なんでも良いからパチンコで勝ちたい。
そんなアナタはこの必勝法を試してみてはいかがでしょうか?

エージ

元パチプロ、現在14年連続で年間トータルプラスで累積は4,500万超。
なので、多少はタメになる情報もあるかと。
Twitterで質問や意見、解説して欲しい機種や用語についてのリクエストも受け付けてますので、フォローお願いします。

フォローしてつかぁさい
パチンコパチ・スロ初心者の人向けの話
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました