フィーバークイーン2DXは甘デジとして結構優秀

パチンコ
この記事は約4分で読めます。

フィーバークイーン2DX
なんか液晶も付いてないし、地味な感じがするから打ったことが無い。

そんな方がいるなら是非一度はフィーバークイーン2DXを打ってみてください。
甘デジの中では勝てる部類に入る台ですから、勝ちたい人にもオススメです。

ちなみに、天井時短付きの新しい「フィーバークイーン2」に関しては以下の記事で解説していますので、併せて読んでみてください。

フィーバークイーン2の基本スペックや打ち方。かなり狙い目機種かも
「フィーバー クイーン2」の基本スペックや技術介入のポイントなどを紹介。 クイーン2のボーダーラインや、どういう部分に気を付けて立ち回っていくべきかなどを書いています。
スポンサーリンク

フィーバークイーン2DXの基本スペック

フィーバークイーン2DXはオーソドックスなショートSTタイプの台です。

通常時:1/99.9
ST中:1/12.0

ボーダーは等価で19個ぐらいです。
ヘソの戻しが4個であることを考えると、比較的甘めと言えます。

フィーバークイーン2DXのポテンシャルを引き出すために目指す回転率は「23個」。
等価でこれは難しいでしょうから、換金ギャップがある店で探した方が早いです。

ST回転数は8回転で、理論上のST連荘率は、約50%。
平均で2連ぐらいですね。

時短での引き戻し確率は約27%
STと時短を合わせると、約64%で平均2.8連ぐらいです。

全ての当たりに出玉とST+時短が付くので、安定感のあるスペックと言えるでしょう。
一撃で大量の出玉を獲得すると言うよりは、初当たりを重ねて出玉を取るタイプです。

賞球はヘソ4個、電チュー2個、アタッカー10個の8カウント。

ヘソと電チューで当たりの振り分けがない所も安定感を生み出す要因です。
12%で16ラウンドがあり、他は全て5ラウンド。

実質出玉は5ラウンドで約360個。16ラウンドで約1150個です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

技術介入部分

アタッカーの性能がかなり優秀で、普通に打っていても結構な頻度でオーバー入賞してくれます。
カウントは8個ですが、9~10個入れる感覚で打ち出しましょう。

ラウンド間の止め打ちはした方が良いですが、先述の通りオーバー入賞が決まりやすいこともあるので、最悪打ちっ放しでも良いでしょう。

細かくオーバー入賞を狙いたい場合は、7個入賞させたら右に1個、左に2個打ち出すなどして、左右からアタッカーに玉が向かうようにすると効果的です。

スルーの位置や形状は特別悪くはないのですが、電チューの位置が悪い上に戻しが2個になっているので、注意が必要です。

スルーが無調整であればそれほど問題ありませんが、削っている店も多く見かけるので、打つ前に必ず確認してください。

電チューの止め打ちは位置が下なので、玉の軌道(到着時間)がブレやすく、難しいです。
形が電チューではなく、ベロ型式なことも難点。

ヘソの戻しが4個なので、それなりに回る台でスルーが無調整なら打ちっ放しも可です。

また、盤面右側にもスルーらしき部分がありますが、あれは完全な飾りなので、右の形が無調整だからと言って打たないようにしてください。

ワープが天(盤面の上の方)にあるので、きちんと狙って打つようにしましょう。

クイーンシリーズは台によって個体差はありますが、総じてステージの性能が高い台が多いので、ステージからの入賞を狙うためにもワープ狙いは必須です。

ステージが強いことに伴って、ステージ止めも有効です。

玉がワープを抜けたら(厳密には抜けそうな瞬間)打ち出しを止めて、ステージの玉の邪魔をしないようにしましょう。

スポンサーリンク

演出面

鬱陶しい煽りや長いムダな演出などは一切ありません。
ドラムのシンプルな動きと、リーチになれば「当たるかも」と思えるバランスは秀逸です。

個人的にはほとんど全ての演出を排除した「クラシックモード」がオススメ。
こちらは本当にリーチになるだけで期待が出来ます。

クイーンシリーズは全てそうですが、このフィーバークイーン2DXも消化効率は抜群です。
現行のパチンコの中では海よりも速い、最速だと思います。(多分)

8個保留で、保留が4個以上(5個かも)で時短効果が出て、さらに消化が速くなります。
そのため、回る台であればオーバー入賞に気を付けて、常に7個ぐらい保留を貯めておくのもアリです。

パチンコの演出はこれぐらいで丁度良いし、これぐらいだから最後まで期待感が持続するから面白いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総評

フィーバークイーン2DXは、スペック面と演出面ともに非常にオススメです。

ただ、台としては文句ないですが、特別な技術介入などで大きくボーダーを下げることなどは出来ません。

そのため、結局は「店の釘調整次第」となってしまう部分が多いことはマイナスです。

打っているメインの層が高齢な場合が多く、店側もそれを見越してそれなりに回る調整にしていることが多いですが、代わりに出玉関係をガッチリと閉めている印象です。

老人たちの多くは出玉関係の把握とか全然してませんからね。

フィーバークイーン2DXもそうですが、フィーバークイーンシリーズは今でも導入台数の多い、根強い人気の甘デジです。

だからこそ、大事に使っている店も比較的探しやすい方だと思います。
フィーバークイーン2DXは店の扱い次第の台ですから、店選びは慎重に行ってください。

パチンコ
スポンサーリンク
パチプロ徒然草
タイトルとURLをコピーしました